ダイコウカイジダイノカイイキアジアトリュウキュウ

大航海時代の海域アジアと琉球

レキオスを求めて

中島楽章 著

  • 体裁
    A5判上製・600頁
  • 刊行年月
    2020年07月
  • ISBN
    978-4-7842-1989-6

内容

大航海時代、海域アジアへ進出したヨーロッパの航海者や現地で勤務した商務官などがもたらす情報により、この地域に対するヨーロッパの地理情報は飛躍的に発達した。

一方この時期の東南アジアは「交易の時代」を迎え、中継貿易で栄えた琉球王国も盛んに活動していた。こうしたなかでヨーロッパ人たちが探し求めた伝説的なレキオス(琉球)も現実の地理認識のなかに組み込まれていく。

本書ではこれまで十分に活用されてこなかったヨーロッパの文献、地図などを縦横に用いることで、海域アジアの全体状況、ヨーロッパにおける地理認識の変化、さらに漢籍等の公式的な史資料からではとらえきれない古琉球期の琉球王国の活動を多角的に解明する。

目次

序章 古琉球海外交流史とヨーロッパ史料

【第Ⅰ部 世界図と東アジア】

第1章 世界図の発達と東アジア
    ―プトレマイオス図からカヴェロ図まで
第2章 フランシスコ・ロドリゲスの地図(一)
    ―ポルトガルの海域アジア進出と世界図
第3章 フランシスコ・ロドリゲスの地図(二)
    ―最初のポルトガル系東アジア図
第4章 ジパングとパリオコ
    ―大航海時代初期の世界図と日本


【第Ⅱ部 ゴーレスとレキオス】

第5章 ゴーレス再考(一)―アル・グールとゴーレス
第6章 ゴーレス再考(二)―その語源問題をめぐって
第7章 マラッカの琉球人(一)―『歴代宝案』にみる
第8章 マラッカの琉球人(二)―ポルトガル史料にみる


【第Ⅲ部 レキオスを求めて】

第9章 レキオスは何処に
    ―ポルトガル人の琉球探索と情報収集
第10章 マゼランとレキオス
    ―スペインのアジア進出と琉球認識
第11章 レキオス到達(一)
    ―一五四二年、ポルトガル人の琉球漂着
第12章 レキオス到達(二)
    ―新たな地理認識とその影響

終章 大航海時代の琉球王国

注/掲載図版一覧/参考文献/索引

  • このエントリーをはてなブックマークに追加