鈴木大拙 禅を超えて
本体価格
7,500 円(税別)
在庫状況: 在庫あり

関連書籍

内容

西洋における禅ブームの立役者であり、日本文化理解の礎を作った鈴木大拙。
その生誕150年を迎えるいま、鈴木大拙研究に新たな展開をもたらす。

欧米・日本の大家から新鋭まで15名の論者が最新の研究成果を披露し、
神秘主義や浄土真宗、動物愛護運動や軍国主義などの観点から、鈴木大拙の知られざる側面を論じた。
彼の活動、思想を総体として捉えることで、「禅の伝道者」としての従来イメージを超え、「今までにない大拙像」へと挑戦する。

【担当編集者より】
本書は、研究者にとっては大拙理解を深めるエッセンスとなるだろう1冊ですが、
「いままで大拙の著作はとっつきづらくて敬遠してきた」、
そんな方にとってもひとつの足掛かりとできるものになっています。
目次をみて気になったところ、好きなテーマのところから読んでください。
さまざまな角度から大拙という人物を照らし出した数々の研究は、彼の言葉を理解するための助けとなる筈です。

目次

まえがき ジョン・ブリーン

序論 生誕150年 いま読み直す大拙
大拙をどう読むか?―〈人〉の思想を中心に(末木文美士)
鈴木大拙を新たに読む直すために(安藤礼二)


第1部 世紀の転換期の大拙
ポスト汎神論から超物質主義へ―鈴木大拙と新仏教(ジェイムズ・マーク・シールズ/栗田英彦訳)          
鈴木大拙が企てる大乗版プロテスタント仏教―「真の宗教」としての『大乗仏教概論』(マーク・L・ブラム/金子奈央訳) 


第2部 戦間期の大拙(1)
両大戦間の日本における英文出版物に対する鈴木夫妻の寄与(ジュディス・スノドグラス/金子奈央訳) 
鈴木大拙はナチス支持者だったか?(ブライアン・A・ヴィクトリア/金子奈央訳)
鈴木大拙と動物愛護(ジェームズ・ドビンズ/山田奨治訳)


第3部 戦間期の大拙(2)
鈴木大拙と二人のクレイン―アメリカ人慈善家と鈴木のグローバルな計画(リチャード・M・ジャフィ/守屋友江訳)
越境する霊性―鈴木大拙の禅のテクスト性(ロマン・ローゼンバウム/栗田英彦訳)  
〔コラム1〕鈴木大拙と神道―批判の構造(ジョン・ブリーン)


第4部 戦後の大拙
鈴木大拙による「日本的霊性」と仏教の戦争責任への問い―占領期日本のもうひとつの歴史(一九四五―一九五二)(アリス・フリーマン/山田奨治訳)
鈴木大拙の霊感論―文化を越えた伝達に挑む(ロイ・スターズ/栗田英彦訳訳)    
ウィンスロップ・サージェント「グレート・シンプリシティ―鈴木大拙博士のプロフィール―」紹介と翻訳(岩本明美) 
鈴木大拙の文学的影響―欧米の禅生活体験記におけるユートピアの語り(ベン・ヴァン・オーバーマイアー/栗田英彦訳) 
〔コラム2〕アメリカ大衆文化への鈴木大拙の影響(山田奨治)


あとがき 山田奨治


索引
執筆者・翻訳者紹介

紹介媒体

  • 「中外日報」

    2020年11月27日

    中外図書室

関連書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加