著者・編者略歴

おおつ・とおる・・・東京大学大学院人文社会系研究科教授

いけだなおたか・・・山梨大学大学院教育学研究科教授

内容

◎『御堂関白記全註釈』(全16冊)の成果をふまえて、約1050項目を新たに書きおろし、11の大分類に整理

◎ユネスコ記憶遺産『御堂関白記』(陽明文庫蔵)を通して、最新の研究成果にもとづいた新たな平安朝の貴族社会像を提示

◎各ブロック冒頭には、専門の執筆者による詳細な解説を収録。小項目は御堂関白記にみられるおもな語や表現を、分野別に網羅。おもな出所や出典・参考史料等も記載

目次

藤原道長のめざしたもの        大津 透
文学作品に描かれた道長       池田尚隆

政務・儀礼             (解説)磐下 徹
 〔大隅清陽・大津透・黒須友里江、以下〔 〕内は項目執筆者〕
官職・官司                 大津透 〔武井紀子〕
道長をめぐる人びと           黒須(林)友里江
 〔植村眞知子・木村由美子・倉本一宏・中村康夫・福長進・吉田小百合〕
邸宅・地名                松野 彩 〔吉田幹生〕
神事・神社                武井紀子 〔丸山裕美子〕
仏事・寺院                松岡智之 〔藤本勝義〕
風俗・信仰                中島和歌子
学問・芸能                吉田幹生 〔佐藤信一・妹尾好信・塚原明弘〕
衣 食 住                 近藤好和 〔松野彩〕
病と医療                 丸山裕美子
御堂関白記の表現           倉本一宏 〔池田尚隆〕

藤原道長年表/系図/付図/索引

関連書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加