文化人類学関連図書

2021.04.27

     ●文化人類学関連図書●

*書籍画像または書名をクリックしていただくと、書籍毎の詳細ページへリンクします。
 

日本の諸地域の祭り文化の特質をわかりやすく紹介


 

 

植木行宣監修/福原敏男他編
『山・鉾・屋台の祭り研究事典』
■A5判上製・800頁・本体価格6,500円(税別)・2021年4月刊行
ISBN 978-4-7842-2010-6
 


 

人びとは幽霊になにを求めたのか。


 

 

小山聡子・松本健太郎編
『幽霊の歴史文化学』
■四六判上製・344頁・本体価格2,500円(税別)・2019年2月刊行
ISBN 978-4-7842-1964-3
 


 

 

混沌とした「中世」の信仰のかたち


 

斎藤英喜・井上隆弘編
『神楽と祭文の中世-変容する信仰のかたち』
■A5判上製・390頁・本体価格8,000円(税別)・2016年12月刊行
ISBN 978-4-7842-1871-4
 


 

 

祇園祭の歴史、現代に至るまでの様々な復興の様子を通覧


 

京都文化博物館企画・編集
『京都 祇園祭-町衆の情熱・山鉾の風流』
■B5判並製・250頁・本体価格2,500円(税別)・2020年3月刊行
ISBN 978-4-7842-1987-2
 


 

 

「描かれた祇園祭」から、その祭儀の変遷を読み解く


 

八反裕太郎著
『描かれた祇園祭-山鉾巡行・ねりもの研究』
■A5判上製・970頁・本体価格15,000円(税別)・2018年2月刊行
ISBN 978-4-7842-1906-3
 


 

 

現代社会のさまざまな波紋を「ヴァナキュラー文化」として読み解く


 

ウェルズ恵子編
『ヴァナキュラー文化と現代社会』
■A5判上製・336頁・本体価格6,000円(税別)・2018年4月刊行
ISBN 978-4-7842-1933-9
 


 

 

町家とまち並みを飾る祭りの文化を紹介


 

岩間香・西岡陽子編
『祭りのしつらい-町家とまち並み』
■B5判並製・224頁・本体価格2,200円(税別)・2008年2月刊行
ISBN 978-4-7842-1360-3
 


 

 

八瀬童子の思想・行動を「文化」としてとらえる


 

宇野日出生著
『八瀬童子-歴史と文化【オンデマンド版】』
■四六判並製・226頁・本体価格4,500円(税別)・2016年11月刊行
ISBN 978-4-7842-7024-8
 


 

 

“火と水”に彩られた天神祭の歴史とすがた


 

大阪天満宮文化研究所編
『天神祭-火と水の都市祭礼』
■B5判並製・200頁・本体価格2,600円(税別)・2001年12月刊行
ISBN 4-7842-1092-X