思文閣文化サロン 今後の予定

2017.09.07

思文閣出版は、朝日カルチャーセンター京都教室と連携して「思文閣文化サロン」と銘打って著者講座を開講しています! 毎月1回開講予定です。
  
3月までの講師・開催日時が決定しました!
  


 
■第1回 2017年9月24日■
『近世の開幕と貨幣統合』出版記念 天下統一と貨幣統合
講師:高木久史氏(安田女子大学准教授)
 
※盛況のうち終了しました。
 
当日の様子
当日の様子
「貨幣統合」という一見カタイテーマながら、硬軟とりまぜた巧みな話術でわかりやすく解説していただきました。
 


 
■第2回 2017年10月21日■
『京都 近代の記憶』 近代京都の記憶~都市空間と建築から読み解く
講師:中川理氏(京都工芸繊維大学教授)
 
※盛況のうち終了しました。
 
当日の様子
当日の様子
建築史、都市史の視点から、京都の近代化のあゆみを語っていただきました。
 


 
■第3回 2017年11月25日■
『学問をしばるもの』出版記念 学問の裏と表
講師:井上章一氏(国際日本文化研究センター教授)
 
※盛況のうち終了しました。
  
当日の様子
当日の様子 
国際比較研究の重要性からパンツの話まで、笑いと興味の尽きないお話しでした。
   


   
■第4回 2017年12月24日■
『変容する聖地 伊勢』 変容する聖地~王政復古にみる伊勢神宮
講師:ジョン ブリーン氏(国際日本文化研究センター・総合研究大学院大学教授)
  
※盛況のうち終了しました。
 
当日の様子
当日の様子 
知られざる近世の伊勢の姿と近代における変化について、熱く語っていただきました。
  


 
    
■第5回 2018年1月13日■
『花道の思想』 花を通じて見る自然と人間
講師:井上治氏(京都造形芸術大学准教授)
 
※盛況のうち終了しました。
 
当日の様子
当日の様子 
自然と人為の対立と調和、デザインの背後にある世界観・・・、花道の奥深く興味深いお話しを、わかりやすくお話しいただきました。
  


 
       
■第6回 2018年2月24日■
『京都 近代美術工芸のネットワーク』近代京都の美術工芸と京都高等工芸学校
講師:並木誠士氏(京都工芸繊維大学教授)
  
※事前申し込み・受講料が必要です。お申し込みは朝日カルチャーセンター京都教室へどうぞ。
ウェブよりのお申し込みはこちら
  

近代京都の美術工芸の展開を、京都高等工芸学校(現:京都工芸繊維大学)を巡る人びとのネットワークから読み解いてみます。京都高等工芸学校の初代校長である中澤岩太は、化学者としてドイツ留学の経験をもちますが、東京大学でワグネルの指導を受けたことにより、工芸と化学の接点として重要なはたらきをしました。図案科の初代教授である浅井忠と武田五一は、それぞれ洋画家、建築家という立場であると同時に、京都の美術工芸界でも重要な働きをしました。このような人びとの活動を追いながら、近代京都の美術工芸について考えてみたいと思います。


並木誠士先生
   


 
  
■第7回 2018年3月24日■
『香道の美学 その成立と王権・連歌』日本の伝統文化の源を探る
講師:濱崎加奈子(有斐斎弘道館代表理事)
  
※事前申し込み・受講料が必要です。お申し込みは朝日カルチャーセンター京都教室へどうぞ。
ウェブよりのお申し込みはこちら
  

「茶道」「香道」「花道」など「道」を持つ伝統文化が日本には存在します。しかし、現代においてこれらの文化を目に見える枠組みのなかだけでとらえようとし、これらが生まれた背景や根本に思いをはせることが少ないように思います。今回は、そのなかでも特に「香道」にスポットをあて、かつて江戸時代の儒者・皆川淇園が起こした学問所、弘道館という空間で、言葉に表すことも難しい、「におい」「かおり」を、和歌や古典といった文学や連歌の手法を駆使し、相手に伝えるという芸道を紐解いていきたいと思います。お茶とお菓子をご用意してお待ちしております。


濱崎加奈子