崇徳院怨霊の研究【オンデマンド版】
本体価格
6,400 円(税別)
在庫状況: 在庫あり

関連書籍

ストクインオンリョウノケンキュウオンデマンドバン

崇徳院怨霊の研究【オンデマンド版】

山田雄司 著

  • 体裁
    A5判・318頁
  • 刊行年月
    2016年03月
  • ISBN
    978-4-7842-7005-7

受注生産のため、ご注文から2週間ほどお時間いただきます。

著者・編者略歴

やまだ ゆうじ…1967年静岡県生。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科修了。三重大学人文学部教授。主な著書に『崇徳院怨霊の研究』(思文閣出版,2001年)『跋扈する怨霊』(吉川弘文館,2007年).(2014年6月時点)

内容

 院政期においては怨霊こそ世の動きを左右する存在であったと考えられ、怨霊が国家と密接に関わるかたちで語られ、国家を根底から突き動かす存在として意識された。
 これまで日本史の方面からはほとんど研究されてこなかった崇徳院怨霊を時代背景の中で位置づけ、日本史上最大の怨霊とされる崇徳院怨霊が「いつ」「誰によって」「いかなる状況下で」語られるようになったのか、そして崇徳院怨霊の跳梁を記す『保元物語』がいかにしてまとめ上げられていったのかを、文書・記録・物語の相互関係を細部にわたって検討することにより解明する。オンデマンド版(初版2001年)

目次

はじめに

序章 怨霊研究序説-崇徳院怨霊の占める位置-
1怨霊と御霊
2怨霊の誕生
3疫神の怨霊
4平安時代の怨霊-御霊会の意味
5院政期の怨霊観-『愚管抄を中心に』

第一章 崇徳院の生涯
1崇徳院の生い立ちと保元の乱
2配流先での崇徳院
3崇徳院崩御の場所

第二章 『保元物語』の虚構-崇徳院の実像をめぐって-
1物語上の崇徳院
2崇徳院自筆五部大乗経の真偽
3崇徳院自筆五部大乗経の構想
4五部大乗経の安置場所
5怨霊と龍
6五部大乗経の行方

第三章 崇徳院怨霊の胎動
1崇徳院崩御への対応
2安元三年の火災
3崇徳院怨霊の登場
4崇徳院怨霊への対応

第四章 崇徳院怨霊の鎮魂
1崇徳院廟の建立
2後白河院の病と崇徳院怨霊
3後白河院没後の粟田宮
4崇徳院御影堂の建立
5源頼朝にとっての崇徳院怨霊

第五章 崇徳院怨霊譚の誕生
1崇徳院天狗化生譚の形成
2天狗の姿
3後鳥羽院怨霊譚の形成
4後鳥羽院置文案の検討
5後鳥羽院怨霊の跳梁と鎮魂

終章 『保元物語』とその時代
1『保元物語』の構成
2為朝像の形成
3『保元物語』の意図
4承久の乱後の社会思潮

関連書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加