オウキョノニッキ テンメイ8ネン~カンセイ2ネン

応挙の日記 天明八年~寛政二年

制作と画料の記録

川﨑 博 著

  • 体裁
    B5判・222頁
  • 刊行年月
    2024年07月
  • ISBN
    978-4-7842-2084-7

著者・編者略歴

1949年岡山市生まれ。1978年京都市立芸術大学西洋画専攻科修了。

内容

応挙の画料はいくらだったのか? 近世の京都絵師、円山応挙(1733~95)が残した、天明八年八月一日から寛政二年九月六日までの制作の記録が、屏風に仕立てられた形で発見された。「制作日誌」とも呼べるその内容からは、注文や画料の授受といった絵師の日常的ななりわいから健康状態、人間関係、制作実態、さらには当時の二朱銀の流通状況なども読み取れ、応挙研究のみならず、経済史史料としても高い価値を有する。
大乗寺に収められる襖絵制作の状況や、天明の大火後の御造営にともなう絵画制作など、歴史的にも興味深い事象について記録される資料を、写真付きの翻刻とともに、解説を付して紹介する。

目次

巻頭カラー口絵(日記隻/写生図隻)

写真と翻刻
解題
あとがき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加