内容

近代日本の歴史研究において、中心的存在であったアカデミズム史学は、いかなる時代状況のなかで生まれたのか。他の学問との競合、研究と教育のジレンマ、国家や社会との緊張関係―「国体」を正当化することと、「科学」であることという二つの任務を負わされたアカデミズム史学は、南北朝正閏問題という危機を経て、ある結論にいたる。
坪井九馬三、黒板勝美らアカデミズム史学に連なる歴史家たちの実践から、無思想ともみなされてきた存在の思想性に迫る。

目次

序 章
第一章 アカデミズム史学の成立―ナショナリズムと純正史学―
第二章 「純正史学」の組織化―学会の設立と地方史学― 
第三章 南北朝正閏問題をめぐる論理―歴史観と道徳論の相克―
第四章 アカデミズム史学の危機と復権―南朝正統論への転換がもたらした歴史学の自立―
第五章 黒板勝美の通史叙述
第六章 アカデミズム史学と歴史意識の近代
終 章 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加