内容

神像とは神の姿をあらわす彫刻であり、御神体として尊ばれてきた歴史から、直接人目に触れる機会が少ない。仏像に比べ知られている作例が少なく調査の機会も限られてきた神像の研究は、仏像研究に比して遅れを取ってきたと言わざるを得ない。本書は、そうした状況を打破するべく、神像研究の基礎を築き、神像史を日本彫刻史の一分野として確立する試みである。

目次

第Ⅰ部 神像彫刻を理解するために
1 神像の成立とその初期的展開
2 神像概論
3 八幡神
4 神功皇后
5 八幡若宮 
6 童形神
7 牛頭天王、大将軍神、天満天神
8 金剛蔵王と蔵王権現
9 門神から随身へ

第Ⅱ部 神像各論
10 御調八幡宮の神像について
11 松尾大社神宮寺旧在三神像の神名
12 神像の成立過程からみた熊野速玉大社の神像群
13 石清水八幡宮から新出の木造童形像
14 木造鬼神像
15 立山信仰にかかわる資料群
16 鞆淵八幡神社の随身像
17 香川・某神社の神像群二組
18 香川・田村神社の男女神像
19 広島・丹生神社の男女神像
20 淡路・伊弉諾神宮の女神像
21 河内・壺井八幡宮の八幡三神像と若宮像

第Ⅲ部 動物造形の諸相
22 師子狛犬の成立、それ以前・以後
23 東寺伝来の師子・狛犬
24 師子・狛犬像(東寺蔵)
25 手向山八幡宮狛犬像考
26 石造師子狛犬(籠神社蔵)
27 鳳凰 旧金閣附属

関連書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加