著者・編者略歴

いそ・みずえ

内容

興福寺はかつて日本音楽の一大中心地であり、声明(しょうみょう)(仏教音楽)や舞楽が一年を通じて絶え間なく鳴り響く寺院であった。興福寺がどのように音楽と関わってきたのか、あるいはどのような音楽が鳴り響いていたのか。鎌倉時代、興福寺で活躍した楽人(がくにん) 狛(こまの)近(ちか)真(ざね)が著した『教訓抄(きょうくんしょう)』をはじめとして、古代から近現代のさまざまな視点から興福寺の音楽に迫る。

目次

緒 言(磯 水絵)

第一編 興福寺の音楽文化と狛氏

第一章 建久の興福寺供養並びに東大寺供養の音楽─附、楽所預中原有安のこと―(磯 水絵)

[コラム] 詠まれる歌・書かれる歌、そして読まれる歌─万葉集から考える─(塩沢一平)

第二章 楽人狛氏の由来探索─『日本書紀』に見る高麗人渡来─(櫻井利佳)
 年譜『日本書紀』における「高麗」と「狛」

第三章 狛近真の生涯 付年譜(神田邦彦)
 狛近真年譜稿

[コラム] 興福寺と和歌─殷富門院大輔詠三首について─(五月女肇志)


第二編 狛近真『教訓抄』の世界

第一章 興福寺伎楽の衰退─附『天感楽外妓楽譜』翻刻解題─(根本千聡)
 『天感楽外妓楽譜』解題
 『天感楽外妓楽譜』<妓楽>翻刻

第二章 『教訓抄』巻第八「管絃物語」「琵琶」項について─その構成と内容─(落合愛菫)

第三章 『付法蔵因縁伝』馬鳴伝にみる「頼吒啝羅」の楽について─巻第八「箏」項より─(中安真理)

第四章 源隆国の見た夢─『教訓抄』巻第九より─(鈴木和大)


第三編 興福寺の音楽文化、その後

第一章 江戸期の興福寺薪の能小考(中川 桂)

第二章 興福寺涅槃会と法隆寺聖霊会における仏前奏楽─舞楽法要と管絃講の両様式について─(高橋美都)


編集後記
索引/執筆者紹介

関連書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加