韓国陶磁史の誕生と古陶磁ブーム
本体価格
14,000 円(税別)
在庫状況: 在庫あり

関連書籍

カンコクトウジシノタンジョウトコトウジブーム

韓国陶磁史の誕生と古陶磁ブーム

鄭銀珍 著

  • 体裁
    A5判上製・466頁
  • 刊行年月
    2020年03月
  • ISBN
    978-4-7842-1983-4

内容

「高麗青磁」と「朝鮮白磁」に代表される韓国古陶磁。
19世紀中葉以降の近代化にともない、在来の日用品的な陶磁器が廃れていく一方で、古陶磁が「美術品」として「再発見」され、収集、鑑賞、そして研究が本格化した。
その中で大きな役割を担ったのが浅川伯教・巧の兄弟である。韓国の人々とその文化に心を寄せた二人は、民芸運動の創始者である柳宗悦にも決定的な影響をあたえた。

本書は、浅川兄弟の活動を軸として、近代における韓国陶磁史の誕生と古陶磁ブームの全容を鮮やかに浮かび上がらせる。

目次

序 章

第Ⅰ部 東アジアの近代化と陶磁産業
 第一章 近代日本の陶磁輸出-アメリカ、中国、朝鮮 
 第二章 日本産業陶磁の朝鮮半島への進出
 第三章 日韓両国内の陶磁生産の状況


第Ⅱ部 高麗青磁の再発見とその再現
 第四章 韓国陶磁研究の始まり
 第五章 高麗青磁再現史


第Ⅲ部 朝鮮白磁の美の発見-民芸運動の萌芽と韓国陶磁産業への展望
 第六章 朝鮮白磁の美の発見
 第七章 浅川兄弟の方法論と朝鮮民俗調査
 第八章 地方への視点-新たな陶磁産業への展望

補 論 学術調査と古陶磁ブーム
結 論

関連書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加