内容

「絵を描くこと 歌を詠むことは私にとって 生かされて在ることへの感謝であり 祈りであり 証しです」
理事として伝統ある日本南画院を牽引する堀江春美。水墨画と和歌という二つの表現方法で作品を生み出してきた、その創作の軌跡をたどる初の画文集。

目次

制作風景

祝辞(河野元昭)

堀江春美さんの画業四十年を祝す(町田泰宣)

プロローグ

作品と短歌

堀江春美 略年譜

田家画系

  • このエントリーをはてなブックマークに追加