近代日本の衣服産業
本体価格
7,000 円(税別)
在庫状況: 在庫あり

関連書籍

キンダイニホンノイフクサンギョウ

近代日本の衣服産業

姫路市藤本仕立店にみる展開

岩本真一 著

  • 体裁
    A5判上製・368頁
  • 刊行年月
    2019年10月
  • ISBN
    978-4-7842-1981-0 C3033

内容

日本の衣服産業は、19世紀中期からの約1世紀間に目まぐるしく進展した。しかし急速な産業化はこの分野の学術研究を混乱させ、いまだ十分な議論は積み重ねられていない。
本書では、兵庫県姫路市の小規模裁縫業者(藤本仕立店)の家文書を主な史料としながら、その創業から廃業までの姿を追った。戦時経済統制や他産地の動向など、時代の流れに翻弄された同家の実態を浮き彫りにすることで、新たな切り口から近代衣服産業の展開を描く。

目次

序章 本書の主題と藤本仕立店の概要
補論1 近代日本の衣服産業史

第Ⅰ部 藤本仕立店の商品・生産・流通

第一章 生産体制と流通体制
第二章 取扱商品の主な形態―和服の商品化―
第三章 取扱商品の構成―多種性の要因と意義―
補論2 近現代日本で商品化された衣服

第Ⅱ部 戦時体制と衣服産業の再編

第四章 一九三〇年代までの販売圏の展開とその背景
第五章 戦時経済統制下の衣服産業
第六章 戦時経済統制下の藤本仕立店
補論3 第二海軍衣糧廠姫路本廠と生産組織
第七章 戦時経済統制下の業態と取引状況
第八章 資産の動向


終章 近代日本の衣服産業と藤本仕立店研究の意義

関連書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加