内容

近年、展覧会で公開される機会も増え、近世における伊勢物語絵の最高水準を示す作品とされる「住吉如慶筆 伊勢物語絵巻」(東京国立博物館蔵)。
本書は、絵巻全体の構成や場面解説および解釈の最新研究成果を提示する。
絵画史、国文学のみならず歴史学や住宅建築史、さらに文化史や服飾史などの幅広い視点から、如慶が描く伊勢物語絵の魅力にせまる。

目次

住吉如慶筆 伊勢物語絵巻(東京国立博物館所蔵)の概要(河田昌之)

図版篇   
 図版 住吉如慶筆 伊勢物語絵巻(東京国立博物館所蔵)
 章段概要(山本登朗)
 詞書釈文(青木賜鶴子、泉紀子、田中まき)
 絵画場面を読む(青木賜鶴子、赤澤真理、泉紀子、大口裕子、河田昌之、田中まき、山本登朗)

論考篇
 伊勢物語絵巻に見る住吉如慶の古典学習:「年中行事絵巻」を中心に(大口裕子)
 如慶の着想:絵画表現と料紙に施された金銀箔による装飾(河田昌之)
 住吉如慶筆 伊勢物語絵巻に描かれた建築空間:考証の成果としての復古表現と同時代表現の援用(赤澤真理)
 住吉如慶筆 伊勢物語絵巻に描かれた装束:江戸時代前期の復古的服飾表現(伊永陽子)

 参考図版
 参考文献
 法量    
 あとがき  
 執筆者紹介 
 英文要旨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加