内容

1620年代から大坂で銅の精錬を業とし、一時世界銅産市場においても重要な位置を占めた住友家は、その後金融・貿易などをも手がけ、近代の財閥につながる豪商の一典型である。その鉱業史料は、質・量ともにわが国屈指の基本史料であり、本叢書は1万数千点にのぼる近世史科のうち、重要で継続する記録類を中心に編纂、第1期全6冊、第2期全6冊、第3期全6冊、第4期全6冊、第5期全6冊を刊行する。

◎住友家の貴重史料を活字化するシリーズ最新刊。
◎札差証文は一橋大学図書館所蔵の青地家旧蔵史料(札差伊勢屋幾次郎)と住友家文書(札差泉屋甚左衛門・同茂右衛門・同平右衛門)にのみ残り、旗本研究にも益をなす貴重な近世史料。
◎本書では蔵米取幕臣団と札差(泉屋甚左衛門店ほか)の一紙文書を集成。人名索引と幕臣の印鑑影印を巻末に収録。

目次

口絵
凡例
細目次

Ⅰ 泉屋甚左衛門札差証文(続)
Ⅱ 泉屋茂右衛門札差証文
Ⅲ 泉屋平右衛門札差証文

【附録】印鑑一覧
解題
索引(人名・事項)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加