ヨシダキヨナリカンケイモンジョ7

吉田清成関係文書七 書翰篇5・書類篇3

京都大学文学部日本史研究室 編

吉田清成関係文書研究会 編集・解説

  • 体裁
    A5判上製函入・586頁
  • 初版年月
    2018年10月
  • ISBN
    978-4-7842-1917-9

内容

本史料集は、京都大学日本史研究室が所蔵する「吉田清成関係文書」のほぼ全体を網羅している。全体を七巻構成。 第一巻~第四巻までを書翰篇、第五・六巻を書類篇とし、第七巻は書翰篇・書類篇の二部構成とする。

書翰篇は、日本文書翰と欧文書翰とに分けた上で、さらに両者を吉田清成宛書翰・吉田清成書翰・第三者間書翰に分類した。書翰篇には次のような人物の書翰が収録される
青木周蔵・浅田徳則・伊藤博文・伊藤巳代治・井上馨・岩倉具視・上野景範・大久保利通・大隅重信・大鳥圭介・大山綱昌・岡田令高・海江田真義・川村純義・北代正臣・日下義雄・熊谷武五郎・黒田清隆・五代友厚・西郷従道・斎藤修一郎・三条実美・渋沢栄一・高平小五郎・寺師宗徳・寺島宗則・徳大寺実則・得能良介・中井弘・花房義質・松方正義・柳谷謙太郎・吉田二郎

年代を欠く書翰が多いが、可能な限り年代推定を行い、また書翰の様式、人名などについて必要な注記をほどこし、利用者の便宜をはかっている。

書類篇は吉田の経歴に則して、適宜分類して収録する。

各巻に口絵写真として収録文書を数点紹介している。

第七巻の最終巻には吉田清成略年譜を収録する。

関連書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加