今村家文書史料集 下巻
本体価格
9,200 円(税別)
在庫状況: 在庫あり

関連書籍

イマムラケモンジョシリョウシュウ ゲカン

今村家文書史料集 下巻

近代編

今村家文書研究会 編

  • 体裁
    B5判・360頁
  • 刊行年月
    2016年01月
  • ISBN
    978-4-7842-1831-8

内容

戦国期以来、京都近郊の伏見街道沿いで地域の有力者として代々続いてきた、今村家に伝えられた文書群の翻刻史料集。
 総点数は約6700点、享禄4年(1531)から昭和22年(1947)の、約400年間にわたる史料によって構成されている今村家文書のうち、 
 (1)戦国期~近世前期の史料
 (2)今村家の由緒や経営に関する史料
 (3)幕末の加茂川筋に関連する史料
 (4)銭座跡村や、七条裏の「穢多」「非人」関係史料
 (5)幕末~明治初年の公用日誌を中心とした近代文書
について翻刻し、解題を付す。
 上巻には中世~近世、下巻には近代の史料を掲載し、文書全点の目録および絵図類の高精細画像とトレース図30点を収録したCDを両巻に収める。

目次

凡例

解 題 近代の柳原庄と今村家
  一 添年寄・中年寄としての今村忠右衛門
  二 柳原庄の庄屋今村家
  三 近代柳原庄の形成と柳原町
  
第一章 本町通と柳原庄の近代
  
第二章 今村家の人事

第三章 明治維新期の日記類

◎付属CD(上下巻共通)      
今村家文書目録・絵図30点・同トレース図30点を収録

紹介媒体

  • 「京都新聞」

    2016年10月21日

    記事

  • 『日本史研究』657号

    2017年5月

    新刊紹介

  • 『地方史研究』388

    2017年8月

    受贈図書論文要目

関連書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加