内容

1620年代から大坂で銅の精錬を業とし、一時世界銅産市場においても重要な位置を占めた住友家は、その後金融・貿易などをも手がけ、近代の財閥につながる豪商の一典型である。その鉱業史料は、質・量ともにわが国屈指の基本史料であり、本叢書は1万数千点にのぼる近世史科のうち、重要で継続する記録類を中心に編纂。

目次

口絵
凡例

年々記(寛政二年)
年々記(享和二年)
年々帳(文化五年)

解題
索引(人名・事項)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加