備前岡山の在村医 中島家の歴史
本体価格
10,000 円(税別)
在庫状況: 在庫あり

関連書籍

ビゼンオカヤマノザイソンイ ナカシマケノレキシ

備前岡山の在村医 中島家の歴史

中島医家資料館 編著

中島文書研究会 編著

  • 体裁
    B5判・318頁
  • 刊行年月
    2015年11月
  • ISBN
    978-4-7842-1826-4

内容

 中島(なかしま)家は、瀬戸内市邑久町北島に二代玄古が居を構え、今日(十代祐一)まで医業を継続している在村医家である。その恵まれた立地条件と、長らく在村医として郷里に尽くしたこと、戦中戦後の混乱を恐れて家を封印していたことにより、書籍・古文書・器物類の散逸を免れた。そのため、その史料群は「未盗掘の古墳」にたとえられている。
 本書は、江戸中期より続く在村医家に残る貴重な書籍・古文書・器物類の解読・分析を通して、当家歴代の生涯、研究論文9篇、史料翻刻5篇、蔵書目録および年表を収録。中島家の医業の歩みに光を当てる一書。

目次

Ⅰ 中島家の歴史 中島洋一(医門第九世)
第一章 中島姓の由来
第二章 中島多四郎友行
第三章 中島友三(医門第一世)
第四章 中島玄古(医門第二世)
第五章 中島宗仙(医門第三世)
第六章 中島友玄(医門第四世)
第七章 中島玄章(医門第五世)
第八章 中島 乴(医門第六世)
第九章 中島一太(医門第七世)
第十章 中島達二(医門第八世)
中島家系図


Ⅱ 研究論文・史料 
地域医療史研究の端緒としての中島家文書 松村紀明(帝京平成大学講師)
 ―『鍼灸施治姓名録』をもとに―        

中島友玄の患者の診療圏について 木下 浩(中島医家資料館主任研究員)
                           
中島友玄と岡山県邑久郡における江戸末期から明治初期の種痘 木下 浩

事業者としての友玄 梶谷真司(東京大学教授)
 ―製売薬から見た中島家の家業経営―         

中島宗仙・友玄と一九世紀日本の漢蘭折衷医学 町泉寿郎(二松学舎大学教授)
                               
『胎産新書』諸本について 清水信子(二松学舎大学非常勤講師)
 ―中島家所蔵本を中心として―       

『回生鈎胞代臆』からみた中島友玄の産科医療 鈴木則子(奈良女子大学教授)
地域社会における宗教者たち 平崎真右(二松学舎大学博士後期課程)
 ―神子家中島氏とその位置づけを巡って―

中島乴と明治期岡山の美笑流 黒澤 学(株式会社大倉陶園)                               
       ※       ※       ※
回生鈎胞(代)臆 板野俊文(香川大学名誉教授)・田中健二(香川大学名誉教授)・中島洋一

中島友玄の京学日記 町泉寿郎

中島宗仙書簡集 町泉寿郎               

京遊厨費録 町泉寿郎

筑紫行雑記 松村紀明


Ⅲ 中島家蔵書目録 清水信子編


Ⅳ 中島家年表 清水信子編


おわりに
索引(人名・事項)

紹介媒体

  • 「洋学史通信」29号

    2017年12月29日

    松村紀明

    紹介

関連書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加