近代日本の歴史都市
本体価格
7,800 円(税別)
在庫状況: 品切

関連書籍

内容

「古都」京都・奈良、「加賀百万石」の金沢、伊達政宗の仙台など、都市は実にさまざまな歴史性をまとっている。しかしそれらは、近代化の過程で発見され、選び取られたイメージであった。本書は「都市の歴史性」をキーワードに、分野を超えた研究者たちが参加した京都大学人文科学研究所・共同研究「近代古都研究」班の成果。

目次

序―歴史都市の歴史性―    高木博志(京都大学教授)

Ⅰ 古都―京都・奈良・伊勢 
修学旅行と奈良・京都・伊勢―1910年代の奈良女子高等師範学校を中心に― 高木博志
郡区町村編制法と京都―区政論の深化のために―    小林丈広(奈良大学教授)
創建神社の造営と近代京都    清水重敦(京都工芸繊維大学准教授)
1893年オーストリア皇族の来京 高久嶺之介(京都橘大学教授)
明治期「洛外」の朝廷由緒と「古都」    谷川 穣(京都大学准教授)
 ―洛北岩倉の土器職人・椹木丸太夫の日記から―
幸野楳嶺《秋日田家図》について―歴史画としての風景― 高階絵里加(京都大学准教授)
橋梁デザインに見る風致に対する二つの認識    中川 理(京都工芸繊維大学教授)
 ―京都・鴨川に架け替えられた四つの橋をめぐって―
京都の風致地区指定過程に重層する意図とその主体    中嶋節子(京都大学准教授)
歴史を表象する空間としての京都御所・御苑    河西秀哉(神戸女学院大学専任講師)
権門寺社の歴史と奈良町の歴史との間    幡鎌一弘(天理大学おやさと研究所研究員)
平城神宮創建計画と奈良―「南都」と「古京」をつなぐもの―  黒岩康博(天理大学助教)
「神都物語」―明治期の伊勢― ジョン・ブリーン(国際日本文化研究センター教授)

Ⅱ 城下町―金沢・仙台・尼崎・岡山・三都 
「城下町金沢」の記憶―創出された「藩政期の景観」をめぐって―   本康宏史(金沢星陵大学教授)
誰が藩祖伊達政宗を祀るのか     佐藤雅也(仙台市歴史民俗資料館学芸室長)
武士と武家地の行方―城下町尼崎の19世紀― 岩城卓二(京都大学准教授)
帝国の風景序説―城下町岡山における田村剛の風景利用― 小野芳朗(京都工芸繊維大学教授)
高等中学校制度と地方都市―教育拠点の設置実態とその特質―   田中智子(同志社大学助教)   
近代「三都」考―三府と都市制度― 丸山 宏(名城大学教授)


近代古都研究班のあゆみ
索引(人名・事項)
執筆者紹介

紹介媒体

  • 「朝日新聞」夕刊

    2013年9月11日

    今井邦彦

    紹介

  • 「朝日新聞」

    2013年9月29日

    原武史(明治学院大学教授)

    ニュースの本棚

  • 「読売新聞」夕刊

    2014年1月21日

    文化面記事

  • 『地理』5月号

    2014年4月25日

    上杉和央

    書架

  • 『地方史研究』371号

    2014年10月

    松本洋幸

    紹介

  • 『建築史学』65号

    2015年9月

    小南弘季

    新刊紹介

関連書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加