心畫:井上有一と李華生 Painting the Heart-Mind: The Art of Inoue Yūichi and Li Huasheng

  • 心畫:井上有一と李華生 Painting the Heart-Mind: The Art of Inoue Yūichi and Li Huasheng

このたび思文閣は、北京のINKstudio(墨斎)および李華生財団との共同企画「心畫:井上有一と李華生」を北京のINKstudioにて開催いたします。
本展では、戦後の日本美術を代表する書家、井上有一(1916–1985)の書作品と、中国文化大革命後の文人画家、Li Huasheng(李華生、1944–2018)の抽象作品を展観いたします。
戦後の日本において、森田子龍ら同士とともに墨人会を結成した井上有一は、芸術としての書を追究し、ニューヨーク近代美術館の「日本の書展」(1954年)、東京国立近代美術館のヨーロッパ巡回展「現代日本の書・墨の芸術」(1955年)に出品するなど、その大胆な造形性で高い評価を得ます。
その一方、李華生は画業の前半で中国伝統の山水画家として名を馳せますが、1987年に初渡米した際に見た西洋美術に衝撃を受け、帰国後はヒマラヤのチベット寺院を頻繁に訪れながら隠遁生活を送るようになります。そして、山水画はもはや自身の表現スタイルでは無いと感じ、自身の精神状態を記録すべく、墨線をグリッド状に描いた「一筆画」と称する作品を国内外で発表しました。
 
井上有一と、井上の書に深く共鳴した李華生。
生前に実現されることのなかった「二人展」にご期待ください。
 

 

日程:2021.6.5 (土)–2021.8.1(日) 10:00–18:00 月曜休廊
会場:INKstudio
Red No. 1-B1, Caochangdi, Chaoyang District, Beijing, China 100015 <Google Maps>

 
 
お問い合せ
井上有一作品に関して(日本語、中国語、英語): artfair@shibunkaku.co.jp
李華生作品に関して (中国語、英語): xu.xu@inkstudio.com.cn

 
 
展覧会についての詳細はINKstudio公式ホームページをご覧ください。