戸田浩二展

ぎゃらりぃ思文閣

2013.10.06(日)2013.10.14(月)

ごあいさつ

この度、ぎゃらりぃ思文閣におきまして、関西では初となる戸田浩二の展覧会を開催いたします。
戸田浩二は、筑波大学体育専門学群を卒業後、陶芸家を目指して伊藤東彦氏に師事。2002年に独立し茨城県笠間市に薪窯を築いてからは、その地で一貫して土と窯との相性にこだわった作陶を続けています。
須恵器、朝鮮の古窯、仏器など、古陶に造詣が深い戸田の作品に向き合うと、まるで仏像と対峙しているかのような凛とした緊張感と、土に封じ込められた悠久の時の流れを感じずにはいられません。焼締としては驚くほど薄い成形と、鋭い線で形作られた美しいフォルムは、卓越した技術の賜物といえるでしょう。
今回は、焼締の茶器、花器、食器など、新作約70点を展観いたします。
皆さまにはご来場のうえ、じっくり時間をかけてご鑑賞いただければ幸いです。

 

ぎゃらりぃ思文閣

プロフィール

1974年 愛媛県西条市に生まれる
1996年 筑波大学体育専門学群卒業
1998年 伊藤東彦氏に師事(~2002年)
2002年 茨城県笠間市に薪窯を築く
2006年 伝統工芸新作展 入選
2007年 日本陶芸展 入選
2009年 東日本伝統工芸展 入選
2011年 国際陶磁器フェスティバル美濃 入選
2012年 GEMSTONE―笠間の4人
(茨城県陶芸美術館)

個展
2004年 今治大丸(’07)
2005年 池袋三越
2006年 松屋銀座(’08,’10,’12)
2009年 札幌三越
新宿京王(’10)
仙台三越
2013年 アートフェア東京2013「ささげる」(古美術 祥雲)
「戸田浩二展」(ぎゃらりぃ思文閣)