岸野寛 陶展

ぎゃらりぃ思文閣

2013.11.22(金)2013.11.30(土)

ごあいさつ

一昨年に開催し、皆さまからご好評いただいた 岸野寛 陶展。
今回もまた、ぬくもりのある白釉をはじめ、焼〆、織部、刷毛目、瀬戸黒など、 様々な表情を持つ作品をご紹介いたします。
岸野が作陶するのは、日本六古窯の一つに数えられる伊賀焼の中心地。
里山に囲まれた窯元では、私たちの暮らしに寄り添う日用の食器が多く手がけられています。岸野もまた、伊賀の豊かな自然の恵みを受けて、季節を感じながら生活するなかで、身近に置いて、用いて楽しむ素朴でやさしいフォルムや風合いを追い求めてきました。
爽やかな秋の京都にぜひお運びのうえ、豆皿から茶器に至るまで、バリエーション豊かな岸野の作品世界をご堪能くださいませ。

ぎゃらりぃ思文閣

プロフィール

岸野寛
1975年京都生まれ。
京都市立銅駝美術工芸高校陶芸科卒業後、福森雅武氏に師事。
2004年、伊賀市丸柱で開窯。

陶歴
2011年ぎゃらりぃ思文閣にて個展
2012年 横浜高島屋にて兄弟展
松坂屋名古屋店にて個展
日本橋髙島屋にて個展
2013年 阪急うめだ本店にて個展
ぎゃらりぃ思文閣にて個展