春の色づき、大和文華館

先日の日曜日、奈良の大和文華館に行ってきました。
flower2_1_3.jpg
文華館の庭・文華苑には、
四季を通じて楽しめる様々な草花が植えられていますが、
ちょうど今頃の冬から春へ移り変わる時期は、
文華苑が最も華やかに色づく季節でもあります。
中でも梅は種類が多く、満開を迎えた木々が
色とりどりの美しい花を咲かせていました。
flower2_2.jpg
所蔵品にも梅をモチーフにした絵画や工芸品が多く、
現在開催中の「特別企画展 花の美術」では、
その一部を目にすることができます。
flower5.jpg
こちらは個人からの出品ですが、
白梅を画面いっぱいに大胆に描いた
長沢芦雪の「白梅図屏風」が特に印象的でした。
文華苑には枝垂れ桜の木も多く、これから先、桜の季節には
さぞ美しい姿を見せてくれることでしょう。
flower2_3.jpg
庭に咲く現実の花々と、会場に並ぶ美術品の花々の両方を楽しめる
一粒で二度美味しい素敵な催しは4月8日まで。
お近くにお越しの際は是非立ち寄ってみてください。
flower2_4.jpg
・展覧会名:「特別企画展 花の美術」
・会  期:2012年2月25日(土)~4月8日(日)
・会  場:大和文華館(奈良県奈良市)
(蒲)