桃の節句

3月3日は雛祭りです。
hina.jpg
雛人形を飾り、女の子のすこやかな成長と幸せを願います。
子供のころは、お雛さまを飾ることが楽しみで仕方なかったことを思い出します。
この段には誰を置くんだっけ?とか、この人には何を持たせるんだっけ?などなど、
毎年姉妹でにぎやかに飾っていました。


雛祭りの由来をたどると、
もともと邪気や災いが入りやすい季節の変わり目にそれらを祓うという節句の行事のひとつで、
上巳(3月上旬の巳の日)の節句には、
自分の身代りとなる人形(ひとがた)を撫でて穢れを移しそれを水に流すという行事が行われていました。
平安時代になると、貴族の姫たちの間では紙でできた人形遊びが広まり
「ひいな遊び」と呼ばれました。「ひいな」には小さな、かわいいものという意味があります。
やがてこの遊びが上巳の節句と結びつき、身代わりとなる男女一対の立雛が飾られるようになりました。
江戸幕府が五節句を定め3月3日が桃の節句となってからは、
雛祭りを祝うため人形以外にも様々なお道具が雛段に飾られるようになり、
嫁入道具としても必需品となりました。
雛人形はますます豪華に華やかになり、その家の財力を表す象徴ともなったのです。
今、そうしてつくられた貴重な雛人形たちが、徳川家や三井家をはじめ各地でたくさん公開されています。
時代や地方によってもさまざまに姿や風習を変えながら、今も続く雛祭り。
一年に一度、お雛さまの箱を開けるときのどきどき感をまた味わえるかもしれません。
百万遍の思文閣美術館では、3月1日より「雛とミニチュアのお道具展」を開催します。
詳細は思文閣美術館ホームページまで。
(前田)