これも歴史の生き証人

平成24年正月、帰省先の四国の実家から京都に戻る際に立ち寄ったのは
徳島県と香川県の県境、猪ノ鼻峠にある深い深い山の中の無人駅「坪尻駅」。
2012-01-03 10 10 10-1
「探偵ナイトスクープ」「タモリ倶楽部」など
名だたる教養番組でも取り上げられたことのあるこの駅は、
一日の乗降者が平均1~2名しかおらず
JR四国管内きっての「秘境駅」としてその筋の方にも超有名。
2012-01-03 10 14 54-2
何せこの駅に鉄道以外で辿り着くには「徒歩」しか交通手段がなく、
最寄りの幹線道路国道32号線からは写真のような獣道を分け入っていかねばならず、
大人の足でも最低片道15分~20分はかかる標高差。
かろうじて国道沿いの入口にはバス停があるものの、
そこの時刻表は一日往復3便しかないいわゆる「地獄表」(ⓒみうらじゅん氏)で、
周囲に全く人家がないため、その本数の少なさがむしろ笑えるくらいに心細さを助長してくれた。
2012-01-03 10 22 37-3

(さらに…)