鏡花本の世界

別冊太陽 泉鏡花 美と幻影の魔術師 (別冊太陽 日本のこころ 167) 別冊太陽 泉鏡花 美と幻影の魔術師 (別冊太陽 日本のこころ 167)
(2010/02/23)
別冊太陽編集部

商品詳細を見る

『別冊太陽』をご存じでしょうか。
平凡社から発行されているムック本で、日本の美術家を特集することもしばしば。
2月に刊行された『別冊太陽』のテーマは泉鏡花でした。
→ 平凡社ブログ「別冊太陽『泉鏡花』」
このなかに、「麗しき鏡花本の世界」という特集が組まれています。
鏡花本とは、鏑木清方橋口五葉・鰭崎英朋など鏡花の文学に魅せられた
画家たちによって描かれている、美しい装丁のほどこされた本のことです。
『別冊太陽』では写真を多く使って、鏡花本の魅力を余すところなく伝えています。
中でも、小村雪岱が手がけたものは、表紙・見返しを見ただけで
十分に魅了されてしまいそうな美しさです。
雪岱は、鏡花から雅号を授かり、代表作『日本橋』以後の装丁の多くを担ったそうです。
2月の『芸術新潮』では、小村雪岱の特集が組まれています。

芸術新潮 2010年 02月号 [雑誌] 芸術新潮 2010年 02月号 [雑誌]
(2010/01/25)
不明

商品詳細を見る

(さらに…)

美術品の査定・買取サービス

春らしいあたたかな陽気が続いたかと思えば、寒の戻りで冷え込む日があったりと
気候の変化がこたえる今日このごろですが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。
さて、弊社では「作品を鑑定してほしい」とのお問い合わせを数多くいただきます。
「開運!なんでも鑑定団」をご覧になってお電話やお手紙をいただくことが多いようです。
IMG0009.jpg
思文閣は鑑定機関ではありませんので、正式な鑑定・鑑定書の発行などはしておりません。
作品を拝見し、あくまでご参考までに弊社の見解をお知らせしています。
また、思文閣は美術品販売を主としておりますが、
美術品をお売りになりたい方のご相談も受け付けております。
お持ちの美術品の売却をご検討の方々は、下記までお問い合わせください。

(さらに…)