上方落語をたのしむ

大阪天満宮入口にある寄席「天満天神繁昌亭」に行ってきました。
rakugo_02
落語を見るのは初めてのこと。
それどころか、寄席という場に足を踏み入れるのも初めてでした。
午後1時から4時まで、なんと3時間という長丁場。
それでも、落語家さん数名に漫談、腹話術と
聞き手を飽きさせないようになっていて、見応えのあるものでした。

(さらに…)

京の冬の旅 金戒光明寺のみどころ

冬の京都では、さまざまな寺院で非公開文化財の特別公開が行われています。
京都市観光協会「第44回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開」
http://www.kyokanko.or.jp/huyu2009/2009huyutabi_1.html
左京区黒谷の金戒光明寺でも、多くの文化財が公開されています。
金戒光明寺 山門
◆文殊菩薩像(重要文化財)
金戒光明寺は浄土宗七大本山のうちのひとつ。
法然上人が比叡山で修行を終え、この地に草庵を結んだのが始まりとされます。
多くの文化財を所蔵する金戒光明寺ですが、
山門を上がり、御影堂(大殿)を入ると左手に安置されている文殊菩薩像。
「京の冬の旅」パンフレット表紙にも採用されています。
もともと岡崎の中山宝幢寺に安置されていた像で、
廃絶ののち金戒光明寺に移され、いまは重要文化財に指定されています。
その均整のとれた体躯、端整な顔立ち。
間近でじっくりと堪能できます。

(さらに…)