今日は初天神です。

今日は、京都の北野天満宮で「初天神」が行われる日です。
北野天満宮では、毎月25日に縁日が開かれ、
「天神さん」の愛称で親しまれています。
今年初めての天神さん、大勢の参拝者のなかには
受験生も多くお詣りに来ていたことでしょう。
さて天神さんこと菅原道真は、信仰の対象としてしばしば絵にされてきました。
hakuin.jpg こちらは江戸時代・白隠慧鶴の文字絵です。
「南無天満大自在天神」という文字を使って天神さんを描いているものです。
冠が「南」、袖が「満」という字になっているのが、おわかりになるでしょうか?
※詳しい解説は花園大学国際禅学研究所のサイトでご覧ください。
http://iriz.hanazono.ac.jp/k_room/k_room01e_totoutenjin.html
kankou.jpg 同じく江戸時代の「菅公像」です。
(※こちらは弊社オンラインギャラリーで取り扱っております)
束帯姿の天神さんの背景には、白梅があしらわれています。
今年ももうすぐ梅の季節です。
北野天満宮でも、2月上旬から梅苑が公開されます。
梅の香りに誘われて、天神さんへ思いをはせるのもよいかもしれません。
(松本)