白隠慧鶴

1685—1768

プロフィール

江戸中期の臨済宗の僧侶。幅広い画題と親しみやすい画風で、禅画の地平を大きく切り開き、日本近世における禅宗文化の隆盛に大きく寄与した。優しさと迫力を併せ持つ書風も独特で、書画一体となった独自の表現世界は、世界的に評価されている。