吉原治良

1905—1972

プロフィール

戦後の日本前衛美術の先駆者。洋画を独学した後、多岐にわたる芸術生涯を送った。さまざまなモダニズム風格を実験した後、1950年代にジェスチュラル・ペインティング(身振りによる抽象絵画)に定着した。1960年代から、円型を題材とした連作でとくに注目を集めた。
1954年、具体美術協会を結成し、その主宰者、メンバー、提唱者として、展示会や機関紙「具体」を通じ、世界のアートシーンへ進出し、多くのアーティスト、評論家やキュレーターとネットワークを作り、日本前衛芸術運動を推進した功績も多大。