竹内栖鳳

1864—1942

プロフィール

近代日本を代表する日本画家。京都に伝わる円山四条派の写生画風を基盤に、西洋絵画の吸収消化期を経て独自の省筆画境を完成させた。指導者としてもすぐれ、門下に多数の俊英を輩出、京都画壇の隆盛を招来した。