村上華岳

1888—1939

プロフィール

日本画家。官展の権威主義に反抗して、自由な表現を求めた国画創作協会の創立会員。壮年以降は画壇を離れ、ひとり六甲山中に隠棲して山水画や仏画の制作に努めた。自ら「創作は密室の祈り」と述べたごとく、研ぎ澄まされた表現と精神性の高い画風に特徴がある。