「光悦ふり」に向き合う

こんにちは。
この春入社いたしました、三浦と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。
最近、古門前通のあちこちに張り出されているこのポスター。
miura1.jpg
目にした途端、茶碗の美しいフォルムに心を奪われ、さっそく美術館へ足を運んでまいりました。
低い高台の上に腰をゆったりと張らせ、優美な曲線を描きだすこの器形は光悦独特のもの。
侘びの精神を重んじ、装飾を排除してきた茶碗の世界に、光悦が変化をもたらしたのです。
本展では、光悦と樂家歴代、半泥子など光悦の影響を受けた人々の作品が展示されており、
光悦が陶芸、そして茶の湯の世界に与えた影響を概観できるようになっています。
なかでも感じ入ったのは、当代樂吉左衛門の作品。
茶碗の常識を打ち破る造形、釉薬による抽象絵画のような装飾。
なんともチープな感想ですが、「カッコいい~!!!」と感動して本まで購入してしまいました。

miura2.jpg
miura3.jpg
当代樂吉左衛門自身による詩やエッセイが添えられた作品集です。
茶碗づくりを通して茶の湯の本質を鋭く問う、考えさせられる本でした。
……さて、よいものをたくさん観たところで、
「(一応)趣味は陶芸(自称)です」と言っているからにはやっておかなければと思い、
つくってみました。私なりの「光悦ふり」。
miura4.jpg
作陶中はもっぱら久しぶりに会った友人とのおしゃべりに興じ、
自己との対話や茶の湯の精神などとは程遠いものでしたが、よい休日になりました。
(三浦)

「舟越桂 私の中のスフィンクス」展をみて

こんにちは、今年度4月に入社しました、糸永と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
私事ではありますが、先日、「舟越桂 私の中のスフィンクス」展を観に、
兵庫県立美術館へ足を運びました。
舟越桂(1951年盛岡市生)は今日の日本を代表する具象彫刻家で、
その作品は国内外問わず多くの美術館に展示されています。
また、作品の写真が小説家・天童荒太氏の著作の表紙にしばしば用いられていることから、
ご存知の方も多いかと思います。
かくいう私も舟越桂の作品を知ったのは、高校生の頃手に取った
『悼む人』(天童荒太著、文春文庫、2008年)がきっかけでした。
さて、同展会場に足を踏み入れると、一室の中央にそっと配置された「月の降る森」が
出迎えます。壁・天井・床すべてが白色で彩られた明るい部屋の中で、全身に青白く
影をまとった女性の神秘性が際立っていました。白く美しい胸元は、そこに当たる
目に見えない光の存在をも感じさせます。
IMG_0095.jpg
「月の降る森」2012年、メナード美術館
 その後、展示は「1章 1980~1990年代初め」「2章 1990年代初め~2000年代初め」
「3章 2000年代初め~現在」と続き、年代ごとに作風の変遷をたどることができます。
なかでも印象に残ったのは、第1章の初期作品群でした。楠を材とした胸像と大理石の
玉眼というスタイルが確立したこの時期、作家は性別をはじめ、表情、髪型、服装など
多様な人物像を制作しました。わずかに外向きに入れられた瞳の表現によって、
観者はいくら見つめても人物たちと目が合うことはなく、それゆえ作品にはどこか瞑想的、
内省的な雰囲気が漂います。こうした表現は、一見多彩な個性を有するこれら作品群に、
ある種普遍的な精神性を共通して与えているように感じられました。
IMG_0094.jpg
「冬の本」1988年、作家蔵
2章以降は、胴体を山に見立てた人間や半人半獣のスフィンクスなど、「異形」の作品が目立ちます。
自然と人間、人間と獣といった二面性を持つ作品群は、詩的なタイトルと相まって、
観者に豊かな想像を促します。
このように今回、初めて舟越桂の作品を実見する機会を得ましたが、鑑賞を通じて、
自分自身とも普段よりゆっくりと向き合えたようで、とても心地よい時間を過ごすことができました。
(糸永)

明治の陶聖 板谷波山

この春に入社しました、成木と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
先日、「HAZAN」という映画を観ました。

HAZAN [DVD] HAZAN [DVD]
五十嵐匠

2004-10-23

Amazonで詳しく見る

この映画は、日本の近代陶芸を開拓し、陶芸家として初めて文化勲章を受章した
板谷波山を主人公とした伝記的映画です。
映画では、彼が石川県工業学校の教職を辞して陶芸家として生きる道を選ぶところから、
有名になりはじめるまでの、たいへん貧しく厳しい生活の様子を描いています。
教師としての安定した生活を捨てて「やきもの屋になる」と決意したとき、
彼には妻と幼い3人の子供がいました。
金沢から東京の田端に窯と住居をつくって引越したときには手元に七十五銭しか
残っておらず、その生活は困窮を極めます。
ようやく初めて窯に火をいれたときは温度を上げるために必要な薪の量を見誤り、
近所を走り回って薪を貰ってもまだ足りず、妻のまるは雨戸を叩き壊して燃料に
してしまいます。
二度目の窯では地震におそわれて作品がほぼ全滅し、このときの売り上げで
支払いをする予定だった借金が重なっていたために、まるは
「傷を隠すように上絵をすれば充分に値打ちがあります」と必死に頼みますが、
波山は中途半端なものは売れないと言い、全てを叩き割ってしまいます。
本当に、壮絶な明治人の生き様を目の当たりにできる美しい映画であると思います。
全編を通して台詞や音楽は少なく、登場人物も沈黙のシーンが多いのですが、
そこから生まれるいいようのない「間」が、それぞれの人の持っている意志の強さを
感じさせます。
特に二度目の窯の失敗のとき、妻には「子供を飢え死にさせるおつもりですか」と
言われるのですが、それでも一切妥協を許さずに無言で作品を打ち砕く波山の姿は、
ある種の「狂気」に近いものさえ感じさせます。
また、それほどの信念をもって作陶にうち込んだ波山を支えた周囲の人物もまた魅力的です。
特に妻のまるは、夫の志を応援したいと思いつつ、幼い子供たちをどうにか食べさせてゆきたい
という葛藤から激しく悩みますが、それでも見事に力強く一家の生活を支える様子が描かれて
います。
また、土の塊から波山の理想の器形を生み出す轆轤師の現田市松、
波山の生活を心配してしばしば田端の家を訪れては「子供たちへの牛肉代」として
無理やりお金を渡していく新納忠之介など、明治から大正時代にかけての人々のもつ
温かい人間関係も見ることができます。
今でこそ偉大な芸術家として名高い板谷波山ですが、その人生にはかくも厳しい時代が
あったのかと思い知らされる作品でした。
単に映画として観ても、大変美しい、日本人の感性を揺さぶる名作であると思います。
まさに「かつて美しき日本人がいた。」というコピーそのままの映画です。
興味のある方は、ぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。
(成木)

◆思文閣大交換会◆開催中です

年に4回の思文閣大交換会、今月1日より開催しております。
おかげさまで26回目の開催となります。
kokankai201509.gif
◆開催期間
 平成27年9月1日(火)~9月13日(日)
◆入札締切日時
 平成27年9月13日(日)17:00 必着
思文閣大交換会とは、日本美術愛好家である弊社一万人の顧客さまのネットワークを活用して出品を募り、市場にはまだお目見えしていない逸品・珍品をご紹介させていただく入札会です。
今回、書画部門では、日本画・洋画を問わず近代絵画に佳品が集まりました。
なかでも横山大観と須田剋太について、各々ワンコレクションのご出品を賜りました。
工芸部門では、近世期より伝来した茶道具類の優品が目をひきますほか、
徳利や猪口などの酒器、蒔絵の工芸品も充実しております。
デジカタ全体
オンライン入札目録では、高精細な画像や、複数のカットの画像をご用意し、
より作品を詳細にご覧いただけるようになっております。
検索機能も充実しており、そのまま入札のお申込みまでしていただけます。
オンライン上で作品をご覧いただきながら、そのまま入札申込ができるオンライン入札目録。
この機会に是非ご利用くださいませ!
また、入札期間中、ぎゃらりぃ思文閣では、下見会を行っております。
◆下見会場
ぎゃらりぃ思文閣:京都市東山区古門前通大和大路東入元町386 地図
1階は工芸部門の下見会場です。
2709_1.jpg
2709_2.jpg
2階は書画部門の下見会場となっております。
2709_4.jpg
入札締切は来週、9月13日(日)17時です。
入札をご検討の方は、是非お早目にご入札くださいませ。
皆さまのご入札、ご来店を心よりお待ちしております。


Our ongoing Shibunkaku Art Auction – September 2015 offers a diverse body of Japanese art and antique, ranging from paintings by eminent Modern artists, works by the Edo masters to antique pieces, including important tea ceremony utensils.
All lots being offered for sale can be viewed at our gallery until the Bid-closing Date.
We hope you enjoy browsing on our online catalogue, and look forward to your biddings on desired works of art. Online Catalogue
Online Browsing and Bidding Dates : 1 – 13 September, 2015
Bid-closing Date 17:00 JST, 13 September, 2015

狩野派の作品に触れて

はじめまして。この春入社いたしました、柴田と申します。
今年度は私を含めて6人の新入社員が入社しました。
皆様どうぞ、よろしくお願いいたします。
さて、去る5月の日曜日。私ごとですが、京都国立博物館で開催されておりました
「桃山時代の狩野派‐永徳の後継者たち‐」展に行ってまいりました。
1_20150707152041493.jpg
この展覧会では、織田信長や豊臣秀吉の庇護の下、『唐獅子図屏風』など
豪華絢爛で桃山時代らしい金碧大画を描き、希代の天才と言われた
狩野永徳亡きあとに続く狩野派の作品が展示されていました。
狩野派は、江戸時代に入り幕府の御用絵師として活躍しましたが、
永徳没後の勢力は安定したものではありませんでした。
秀吉の早世した子、鶴松の菩提を弔うために建てられた祥雲寺(現:智積院)の
障壁画制作が、ライバル長谷川等伯らに指名されたのです。
しかし、新しく棟梁となった光信は豊臣秀吉の肖像を描いたり、
相国寺法堂の天井画を描いたりと大いに活躍し、勢力の巻き返しに成功。
その他、一族は徳川家の要請による二条城の壁画制作や、朝廷の絵事にも多く携わりました。
このように、豊臣、徳川、朝廷の三大勢力が拮抗する中、
狩野派は一族を分散させて生き残る戦略、いわゆる「三面作戦」を展開したのです。
画風も時代が下るにつれ永徳のような豪勢な筆致から、どこか繊細さをもった画風へと移り変わります。
2_201507081638024c7.jpg
狩野探幽が寛永11年(1634)に描いたとされる『柳鷺図戸襖』。
金が散らされた襖に水墨淡彩の柳が一層引き立ち、繊細で華やかで豪勢だった
桃山文化の雰囲気とはまた違った新しい時代の空気を纏っているように感じました。
この展覧会を通して狩野派の画風の移り変わりをみることができ、
さらには、激動の時代を背景にして、生き残りをかけた彼らの
様々な“知恵”も垣間見ることができ、大変勉強になりました。
(柴田)