恋する美人画―女性像に秘められた世界に―

平成26年4月入社させていただいたリョウと申します。
どうぞよろしくお願いいたします。
五月に、京都市美術館の「恋する美人画―女性像に秘められた世界に―」を
観に行きました。
リョウさん1リョウさん2
主題はおおむね六つに分かれ、江戸時代の美人絵からはじめ、近代になって美人画として
日本画の一ジャンルが確立した道を経て、現代にいたる女性や女性像を改めて想像させる
展示でした。
その中、最も目を引いたのは梶原緋佐子の作品でした。梶原緋佐子は「開かれた口」、
「赤き眼の淵」、「肥大した赤き肌色の手足」などの働く女性の姿を描いており、
一般に想像できる美人画とはかなりずれがありました。しかしそれは逆に、感情を有する
人間を描いているのではないかと思いました。出品された「姉妹」(大正五年頃、1916)、
「暮れゆく停留所」(大正七年、1918)などから女達の眼には、感情が宿っていると感じました。
私は、生きて居る女性の姿とその中の生命力を描き出しているのは、美しいのだと思います。
今回京都市美術館で開催されている展覧会では江戸時代から現在に至る女性像が如何に
変化していったかを見ることができ、大変楽しかったです。
(リョウ)