登る富士

富士山が世界遺産に登録されて早2カ月になろうとしています。
富士山1
私は過去4度富士登頂にチャレンジし、いずれもなんとか登頂できました。
そして4度ともにいわゆる「弾丸登山」スタイルで登っています。
登る時期はいつもお盆のいまくらいで、登山者がピークの時期です。
最近耳にする「弾丸登山」とはわずかな仮眠のみ、あるいは仮眠なしで登頂し、
ご来光を拝み、すぐ下山することを言います。
私の場合は4度とも旅行会社のツアーに参加し、朝の9時ごろ京都駅などに集合しバスで富士山五合目
まで行きます。
到着時間は渋滞にもよりますが夕方16~17時。
遅くとも18時には五合目を出発して8合目でわずかな仮眠。
(運がいいと2~3時間、登山渋滞によっては1時間くらいの時も)
ご来光が午前5時頃ですのでこの時間には登頂して万歳三唱して下山。
下山は登りに比べ格段に早く、人によりますが午前9~10時頃には5合目に到着します。
毎回この行程で富士登山をしています。
(ちなみに、ガイドの「強力」さんは、下山してすぐにまた別のツアーを率いて登ることもあるそうです)
普段あまり運動をしない身にはかなりきついですが、
なんとか登りきれているのは、眼下に広がる景色やご来光の素晴らしさを味わいたいという気持ち、
なにより下山して帰る車中で窮屈な登山靴からサンダルに履き替え、ほっこりした時に富士山見て
あの富士山を登ったんだ」という達成感に浸れることです。
色々な登山者の方を見るのも楽しかったりします。
(すごく寒そうな軽装の若者、頑張って登っている小学生、色々な格好で登る諸外国の方などなど)
いつも下山した後は疲労感が半端ではなく「二度と登りたくない」と思うのですが、
1年もするとあの達成感やいままで1度として同じではなかった富士山の色々な姿を見たいという
欲求などで、つい誘われると登ってしまいます。
また世界遺産となりテレビなどでもよく富士登山が取り上げられていますが、それを見るにつけても
じわじわと登りたくなってくるので不思議です。
古来より人々が登り、信仰し、描き、時には噴火によって恐れられたりもした霊峰「富士山」。
登ったことのない方は一度登ってみてはいかがでしょうか?
何か新しい発見があるかもしれません。
富士山2
(阿部)