「韓国現代彫刻展 チャン・ヒョンテク シン・ソンウ Solo Exhibition 1F/2F」開催中です

暑い日差しも幾分和らぎ、ようやく虫の音が耳を楽しませてくれる気候になりました。
「芸術の秋」はもうすぐそこまでやって来ているようです。
ただいま、ぎゃらりぃ思文閣では
「韓国現代彫刻展 チャン・ヒョンテク シン・ソンウ Solo Exhibition 1F/2F」
を開催しております。
韓国現代美術作家を迎えての個展は、3回目の開催を迎えます。
今回は、チャン・ヒョンテク氏とシン・ソンウ氏それぞれのソロ・エキシビジョンです。
1階はチャン・ヒョンテク氏の作品スペース。
チャン・ヒョンテク氏は、中央大学芸術大学彫塑学科、
中央大学技術大学院造形芸術家(彫塑専攻)を卒業し、
現在は中央大学芸術大学教授として活躍されています。
chang_hyung_taek.png
作品のコンセプトは「無動」。
「ものの時間、動きを止めた瞬間」が表現されています。
また、チャン・ヒョンテク氏の作品は、ステンレスやブロンズ、
大理石など多数の素材で構成されており、
これらは、イコール「人間の持つ様々な感情」なのだそう。
そのためか、氏の作品と向き合うと、まるで自分自身と向き合っているかのような感覚を覚えます。
2階ではシン・ソンウ氏の作品を展示しております。
中央大学芸術大学彫塑学科を卒業し、現代彫刻家としての活動のほか、
歌手、俳優としてミュージカルやドラマにも多数出演され、作詞作曲、音楽プロデューサー、
また映画音楽監督としても活躍されています。
shin_sung_woo.png
展示は、自然の石からインスピレーションを得たものを表現した作品、
母親を想うあたたかみある作品の2つのシリーズから構成されています。
シン・ソンウ氏のエネルギーが凝縮された、生命力あふれる作品を御覧いただけます。
会期も残りわずかとなりました。
京都へお越しの際は、ぎゃらりぃ思文閣へぜひお立ち寄りくださいませ。
会期:2012年9月19日(水)~9月25日(火)  会期中無休
営業時間:10:00-18:00 (※最終日は14時終了予定)