金環日蝕

21日の金環日食は、みなさまごらんになりましたか?
私は観察用の眼鏡を持っていなかったため、お菓子の容器で作成した観測容器を使って、
ピンホール原理で映った太陽のかたちを確認しました。
残念ながら金環の瞬間は逃してしまいましたが・・・。
地面に映った日食の様子いろいろ。
chida1
(撮影:京都市伏見某所)
chida2.jpg
(撮影:愛知県某所)
chida3.jpg
(撮影:京都市伏見某所)
とにかく、この目で日食を確認できたのは、感動的瞬間でありました。
現代でこそ「天体ショー」として大勢の人々が観測を楽しむことができますが、
古代中世の人々にとっては天変、凶兆であり、
不吉な現象とみなされていたのは当然のことだったと思われます。
たとえば、中世の貴族による日記などには、日蝕や月蝕、
彗星などの天変に関する記事がみられます。
天文学や陰陽師などの計算より日蝕などがおこると割り出された日には、
貴族や密教僧らによって熱心に祈祷が行なわれていたことが読み取れます。
雲が空を覆い、日蝕を観測することができない状態となれば、
祈祷の効果が現れたと考えられていたようです。
例を挙げると『玉葉』文治5年正月28日条には、
「自今日、日蝕御祈被始修一字金輪法、仁昭法印修之、御持僧等依辞退也」
(今日より、日蝕の御祈始められ一字金輪法を修む、仁昭法印、之を修む、御持僧等辞退によるなり)
とあります。
一字金輪仏法は息災、延命などを祈願して行われる密教修法で、
本尊の一字金輪仏は北辰(北極星)と同一視され、
天変を調伏する際に通例として行われた修法のひとつでありました。
http://www.emuseum.jp/detail/100076/000/000?mode=simple&d_lang=ja&s_lang=ja&word=%E4%B8%80%E5%AD%97%E9%87%91%E8%BC%AA&class=&title=&c_e=&region=&era=&century=&cptype=&owner=&pos=1&num=2
(参考画像・e国宝のサイトのリンク)
ちなみに一字金輪仏といえば、今年の夏から秋にかけて、
岩手県中尊寺にて、藤原秀衡の念持仏とされている秘仏「一字金輪佛頂尊坐像」が特別開帳されるとのこと。
参考
http://www.chusonji.or.jp/topics/page.php?p=132
12年ぶりのご開帳ということで、今年見に行きたいと思っている秘仏開帳のひとつです。
今年は、「金星の太陽面通過」(6月)や金星が月に隠れる「金星食」(8月)など、
天体観測の当たり年といわれていますが、数年ぶりに対面(拝観)できるという点では、
これも楽しみは同じかもしれません。
chida4.jpg
(撮影:大阪府某所)
chida5.jpg
(撮影:長野県朝日村)
(千田)