詩仙堂

紅葉を見に、京都一乗寺の詩仙堂に行ってきました。
詩仙堂というのは通称で、正式には「凹凸窠」というのですが、
その名の通り、急な坂道の途中のでこぼこした土地に建てられています。
江戸時代初期の文人、石川丈山が隠棲した山荘で、現在は寺院となっています。
IMG_2636.jpg
詩仙堂の一番の見どころは、その名の由来ともなっている「詩仙の間」です。
日本の三十六歌仙になぞらえて丈山が選定した三十六詩人を、
狩野探幽が描き、四方の壁に掲げた部屋です。
三十六詩人の像には、丈山の隷書でそれぞれの詩人の詩が書き添えられています。
他の部屋にも、丈山による隷書の掛け軸や扁額などが飾られており見応えがありました。
IMG_2607.jpg
紅葉したお庭も素晴らしかったのですが、やはりオンシーズンの京都、
人でごった返していました。
紅葉の見ごろは終わってしまいましたが、
これからの季節の方がゆったりと楽しめると思います。
京都にお越しの折は、ぜひ皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか。
(西村)