無鄰菴

新入社員の西村と申します。
よろしくお願いいたします。
お休みの日に好きなお庭の一つである無鄰菴を訪れました。

無鄰菴は明治27~29年(1894~1896)に山縣有朋が造営した別荘です。
この名を持つ有朋の別荘は三つあり、
最初に建てられた長州の草庵が隣家のない静かな場所であったことから、
無鄰菴と名付けられました。
庭園は有朋自ら設計、監督し、造園家の植治こと小川治兵衛が作庭しました。
東山を借景とし、疏水の水を取り入れています。
無鄰菴は庭園、木造二階建ての母屋、茶室、レンガ造り二階建ての洋館から成るのですが、
洋館は「無鄰菴会議」が行われたことで有名です。
「無鄰菴会議」は、日露戦争直前の外交方針を決めた会議で、
山縣有朋、伊藤博文、桂太郎、小村寿太郎らによって開かれました。
会議が行われた部屋の壁は江戸時代初期の狩野派が描いた障壁画で飾られています。
image002.jpg
無鄰菴は平安神宮や南禅寺など、京都の人気観光スポットの近くにありながら、
比較的人が少なくゆっくりと過ごすことができます。
母屋でお抹茶を頂くことができるのですが、お庭を見ながら何時間でも過ごせそうです。
皆さまも、京都にお越しの折は足を運ばれてはいかかでしょうか。
(西村)