思文閣大交換会 入札下見会@福岡

6月4日(金)-6日(日)の3日間、思文閣福岡店におきまして
某家旧蔵茶道具コレクションの入札下見会を行いました。
銅鑼


先ずは茶会の席入りの如く、入口で銅鑼が皆様をお出迎え。
会期中も何度か心地よい銅鑼の音が奥の事務室にまで聞こえてきました。
店全体
お茶碗
茶入れ
ご来店いただいた方には、時間をたっぷりかけて一つ一つお手に取りながら
作品を見ていただく機会をご提供する事が出来ました。
今回福岡店で展示出来たのは表千家のお茶道具130余点。しかしながら
福岡店にご用意出来なかった他の出品作品も、応接室に準備しております
大画面にてご確認いただき、ご満足いただけたのではないかと思います。
入札に対するお客様の読みの深さや、作品に対する思い、ご夫婦の好みの違い
なども直にお聞きする事が出来、私も楽しい時間を過ごさせて頂きました。
お花
備前焼に活けられた紫陽花と下野(しもつけ)。
展示会初日の朝まで私の家の庭に咲いていたものです。
会場の丁度真ん中辺りに置かれていたので、小さな作品を
じっくりと見られていた皆様の箸休め的な役割を果たしてくれました。
次回は7月2日(金)-8日(木)まで、思文閣「の美」逸品展 福岡
と題しまして、福岡店が開店から5年目を迎えた感謝の気持を込め
まして、展示即売会を開催します。
ご来店、心よりお待ち申し上げております。
(原田)