虎と竹林

みなさま、こんにちは。社長の田中です。
前回の大地さんのブログに引き続き、今年の干支「寅」について少し。
日本には昔から虎にちなんだお話があります。
一休さんのとんちには、屏風に描かれた虎が出てきますし、
加藤清正は虎退治で有名です。
城やお寺の襖絵に、虎の図が描かれているのを
目にされたことのある方もいらっしゃるでしょう。
虎の生息しない日本に住む我々にとっては、
大陸から伝わってきた勇壮な虎の姿は、
一種の夢物語として伝えられてきたのかもしれません。
絵図で「虎」といえば「竹」ですが、
この組み合わせは古くから描かれてきました。


普段からよく目にするので、特に気にとめたことはありませんが、
言われてみれば、肉食動物の虎が竹林に住んでいるのはあまり想像できません。
由来についてちょっと調べてみると、
いろいろ所以があるようですが、はっきりとはわからないようです。
そこで、「牡丹に唐獅子、竹に虎」ということばを
耳にしたことがある方もいらっしゃると思いますので、
それにまつわるエピソードをご紹介したいと思います。
・百獣の王といわれる獅子ですが、ただ一つだけ恐れるものがある。
それは、獅子の体内に生息する虫である。
体毛の中で発生、増殖し、やがて皮を破り肉に食らいつく害虫。
しかし、この虫は、牡丹の花から滴り落ちる夜露にあたると死んでしまうという。
そこで獅子は、夜に牡丹の花の下で休むのである。
・アジアで百獣の王といえば、虎。しかしさすがの虎も象には勝てない。
群をなした象には、全く歯が立たないのである。
そこで、虎が逃げ込むのが竹薮の中。
象の巨体は竹薮には入れない。
また、竹薮に入ると、象牙にヒビが入ってしまう。
・よって獅子には牡丹が、虎には竹が、それぞれの拠り所である。
鑑賞者にも己の拠り所はどこにあるのか、というメッセージを発しているのである。
みなさんの拠り所は、どこにあるのでしょう?