明治の陶聖 板谷波山

この春に入社しました、成木と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
先日、「HAZAN」という映画を観ました。

HAZAN [DVD] HAZAN [DVD]
五十嵐匠

2004-10-23

Amazonで詳しく見る

この映画は、日本の近代陶芸を開拓し、陶芸家として初めて文化勲章を受章した
板谷波山を主人公とした伝記的映画です。
映画では、彼が石川県工業学校の教職を辞して陶芸家として生きる道を選ぶところから、
有名になりはじめるまでの、たいへん貧しく厳しい生活の様子を描いています。
教師としての安定した生活を捨てて「やきもの屋になる」と決意したとき、
彼には妻と幼い3人の子供がいました。
金沢から東京の田端に窯と住居をつくって引越したときには手元に七十五銭しか
残っておらず、その生活は困窮を極めます。
ようやく初めて窯に火をいれたときは温度を上げるために必要な薪の量を見誤り、
近所を走り回って薪を貰ってもまだ足りず、妻のまるは雨戸を叩き壊して燃料に
してしまいます。
二度目の窯では地震におそわれて作品がほぼ全滅し、このときの売り上げで
支払いをする予定だった借金が重なっていたために、まるは
「傷を隠すように上絵をすれば充分に値打ちがあります」と必死に頼みますが、
波山は中途半端なものは売れないと言い、全てを叩き割ってしまいます。
本当に、壮絶な明治人の生き様を目の当たりにできる美しい映画であると思います。
全編を通して台詞や音楽は少なく、登場人物も沈黙のシーンが多いのですが、
そこから生まれるいいようのない「間」が、それぞれの人の持っている意志の強さを
感じさせます。
特に二度目の窯の失敗のとき、妻には「子供を飢え死にさせるおつもりですか」と
言われるのですが、それでも一切妥協を許さずに無言で作品を打ち砕く波山の姿は、
ある種の「狂気」に近いものさえ感じさせます。
また、それほどの信念をもって作陶にうち込んだ波山を支えた周囲の人物もまた魅力的です。
特に妻のまるは、夫の志を応援したいと思いつつ、幼い子供たちをどうにか食べさせてゆきたい
という葛藤から激しく悩みますが、それでも見事に力強く一家の生活を支える様子が描かれて
います。
また、土の塊から波山の理想の器形を生み出す轆轤師の現田市松、
波山の生活を心配してしばしば田端の家を訪れては「子供たちへの牛肉代」として
無理やりお金を渡していく新納忠之介など、明治から大正時代にかけての人々のもつ
温かい人間関係も見ることができます。
今でこそ偉大な芸術家として名高い板谷波山ですが、その人生にはかくも厳しい時代が
あったのかと思い知らされる作品でした。
単に映画として観ても、大変美しい、日本人の感性を揺さぶる名作であると思います。
まさに「かつて美しき日本人がいた。」というコピーそのままの映画です。
興味のある方は、ぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。
(成木)

◆思文閣大交換会◆開催中です

年に4回の思文閣大交換会、今月1日より開催しております。
おかげさまで26回目の開催となります。
kokankai201509.gif
◆開催期間
 平成27年9月1日(火)~9月13日(日)
◆入札締切日時
 平成27年9月13日(日)17:00 必着
思文閣大交換会とは、日本美術愛好家である弊社一万人の顧客さまのネットワークを活用して出品を募り、市場にはまだお目見えしていない逸品・珍品をご紹介させていただく入札会です。
今回、書画部門では、日本画・洋画を問わず近代絵画に佳品が集まりました。
なかでも横山大観と須田剋太について、各々ワンコレクションのご出品を賜りました。
工芸部門では、近世期より伝来した茶道具類の優品が目をひきますほか、
徳利や猪口などの酒器、蒔絵の工芸品も充実しております。
デジカタ全体
オンライン入札目録では、高精細な画像や、複数のカットの画像をご用意し、
より作品を詳細にご覧いただけるようになっております。
検索機能も充実しており、そのまま入札のお申込みまでしていただけます。
オンライン上で作品をご覧いただきながら、そのまま入札申込ができるオンライン入札目録。
この機会に是非ご利用くださいませ!
また、入札期間中、ぎゃらりぃ思文閣では、下見会を行っております。
◆下見会場
ぎゃらりぃ思文閣:京都市東山区古門前通大和大路東入元町386 地図
1階は工芸部門の下見会場です。
2709_1.jpg
2709_2.jpg
2階は書画部門の下見会場となっております。
2709_4.jpg
入札締切は来週、9月13日(日)17時です。
入札をご検討の方は、是非お早目にご入札くださいませ。
皆さまのご入札、ご来店を心よりお待ちしております。


Our ongoing Shibunkaku Art Auction – September 2015 offers a diverse body of Japanese art and antique, ranging from paintings by eminent Modern artists, works by the Edo masters to antique pieces, including important tea ceremony utensils.
All lots being offered for sale can be viewed at our gallery until the Bid-closing Date.
We hope you enjoy browsing on our online catalogue, and look forward to your biddings on desired works of art. Online Catalogue
Online Browsing and Bidding Dates : 1 – 13 September, 2015
Bid-closing Date 17:00 JST, 13 September, 2015