向井潤吉展、開催中です

今回は、現在ぎゃらりぃ思文閣と思文閣オンラインストアで開催しております、
「向井潤吉『花と龍』挿絵原画展 Part1」および特集についてご案内いたします!
onlinestore
『花と龍』は芥川賞作家 火野葦平による自伝的小説で、読売新聞朝刊に
昭和27(1952)年6月20日より翌年5月11日にわたり連載されました。
作品は、明治中期から戦後の北九州若松を舞台に、著者の父である玉井金五郎と妻のマンが、
自らの信念をつらぬく、波乱に満ちた生涯の物語です。
新聞連載中にも大きな話題となりましたが、その後も石原裕次郎や高倉健などの名優が演じる
映画やテレビドラマになるなど、根強い人気を誇る作品です。
新聞連載にあたって、324話すべてに向井潤吉による挿絵が添えられました。
向井潤吉といえば、茅葺き屋根の古民家を描き続けた風景画家としてよくご存じの方も多いのではないでしょうか。
本作においては、人物、風景、静物などがひとつひとつ丁寧な筆致で描かれており、
明治から昭和に至る大衆風俗を生き生きと映し出しています。
今回は物語の前半部にあたる第一部の挿絵、約100点を、ぎゃらりぃ思文閣とオンラインストアにてご紹介しております。
作品の現物は、2月22日(土)まで、ぎゃらりぃ思文閣(京都)にてご覧いただくことができます。
79
『花と龍』第六十四回挿絵 「金五郎とマン」 (このように額装にて納品いたします)
69
『花と龍』第六十九回挿絵 「製鉄所」
ぎゃらりぃ風景1
ぎゃらりぃ風景2
向井潤吉『花と龍』挿絵原画展 Part1
会期:2014年2月3日(月)~22日(土)日祝休廊
営業時間:10:00-18:00 
問い合わせ先 ぎゃらりぃ思文閣 TEL:075-761-0001  アクセス
お気軽にお電話にてお問合せください。
後半部にあたる第二部の公開は、今夏を予定しております。
ぎゃらりぃ思文閣と思文閣オンラインストアへのお出で・アクセスをお待ちしております。