タジマモリの墓

こんにちは。
ふるい方の佐藤です。
過日、西大寺界隈を歩きました。
近鉄橿原線で西大寺駅から一駅、尼ケ辻駅のほど近くに、垂仁天皇陵(宝来山古墳)が鎮座されています。
御陵をめぐる掘割に、ぽっかりと小さな島が浮かんでいて、これはタジマモリ(田道間守)の墓であると伝承されています。
tajimamori_01.jpg
タジマモリは、垂仁帝の命を受け、永遠のいのちを授けるという「トキジクノカクノコノミ」
探索のため、「常世国(とこよのくに)」へ遣わされた人物。
ついにこれを探し当て持ち戻ったのですが、すでに帝は亡き後。
田道間守はその陵墓の前に伏し大声を上げて哭き、そのまま果てたとの逸話が古事記・日本書紀に
伝えられています。
このとき彼が持ち帰ったものが橘であったとされ、我が国における始原説話ともなっています。
歴代天皇の被葬地比定は、国学の勃興隆盛した江戸中期以降、時々の思潮を背景として順次すすめられてきたといいます。
記紀の伝えるところに、陵墓そのものの有り様と当地の伝承とを重ね合わせ読み解いてゆく営みには、様々な力学が働いたであろうことは想像に難くありません。
奈良盆地を走る列車の窓から、連綿と続く青い山なみを眺めていると、自然と、やまとは国のまほろば…との古歌が思い起こされます。
 たたなづく青垣 山こもれる やまとしうるはし
と続く歌ですが、とりたてて奈良にゆかりのない身でさえ、それだけでどこか懐かしいような感覚に
おそわれるのですから、大和の国ぶりには、今も昔も特別な力が働いているのかもしれません。
そうした気分で眺めるとき、たとえば大きな陵墓のかたわらにぽつんとたたずむ丸い塚をみて、
これに帝の死を嘆き墓前に果てた男の姿を見ることは、いたしかたのない人情であるようにも感じられます。
その後、帰途には西大寺駅の東方、平城宮跡の北に広がる佐紀盾列(さきたてなみ)古墳群を訪れました。
tajimamori_03
こちらは大型の前方後円墳七基を中心とする古墳群で、この内には、先の垂仁天皇の后である日葉酢媛(ヒバスヒメ)の御陵もあります。
この日葉酢媛は丹波道主王(たにはのちぬしのおおきみ)の娘で、さきのタジマモリ(田道間守/但馬守)と併せて、垂仁朝と山陰方面の勢力との深いつながりを思わせることが、従来より史家や文学者の想像力をとかく刺激してきたようです。
(佐藤)

私の古寺巡礼

思文閣出版古書部の嶋根です。しばしお付き合いのほど、お願い申し上げます。
亀井勝一郎の『大和古寺風物誌』や白洲正子の『私の古寺巡礼』『十一面観音巡礼』を
バイブルとする私は休みを利用していろいろな寺社仏閣を訪ねました。
その中でも印象に残った名刹をご紹介します。
常照皇寺 じょうしょうこうじ  
京都市右京区京北井戸字丸山14-6
走り屋と地ビールで有名な周山街道にある「道の駅 ウッディー京北」からそう遠くない場所にある静かな名刹。
1362年(貞治1)に光厳法皇によって開かれたお寺で、臨済宗天竜寺派に属する禅宗寺院です。
鮎のハイシーズンで太公望が糸を垂れる上桂川沿をしばらく走ると、細い脇道がありその奥に
静かな参道があります。
鬱蒼とした参道には木漏れ日が心地よく揺れ、鄙びた雰囲気が漂います。
山門近くの四阿で休んでいると、上桂川の漁協の皆さんが鮎釣客のパトロール(遊魚券不所持など)の途中に昼食に立ち寄られました。
鮎釣りの太公望諸氏は心構えまで君子らしくトラブルは少ないようで、もっぱら不漁の愚痴のお相手だそうです。近年は天然鮎といっても実際は各地の漁協の放流と保護活動によって支えられているようです。
しばらく地元のお話や上桂川の鮎の管理のお話を伺った後、「地元の大事なお寺さんやからお供えいっぱい頼むでぇ~」との別れの言葉を名残にいざ入山。
常照皇寺参道 
junrei-01.jpg
木漏れ日がちらちらと美しい参道ですが、やたらと大型のトカゲが多く、私の心もオロオロと揺れてしまいます。
急斜面にそびえる勅使門
junrei-02.jpg
急な石積みの階段の上に勅使門が。
法衣や直垂・直衣を召した貴人が登るには急すぎる階段ではないだろうか・・・。
檜皮に着生する桧
junrei-03.jpg
立派な築地塀には桧皮の屋根がのっていますが山の気のせいか苔蒸していて、さらに桧や羊歯が着生していました。
茅葺の方丈
junrei-04.jpg
門をくぐるとそこには茅葺の方丈が。「まんが日本昔話」に出てくるような入母屋のずっしりとした構えです。
山中に在って湿気が多いのに茅葺とは維持管理が大変だろうなと考えると感慨深いものがありました。
方丈より開山堂を望む
junrei-05.jpg
上掲の方丈の奥には開山堂があります。
薄暗い上に塼敷(瓦状のタイル)なのでとても涼しく荘厳な雰囲気が支配する。
拝観者は他におらず、静寂に包まれ現代人がいかに電子音と映像・画像に苛まれて生きているかを痛感しました。桜が有名な禅刹ですが夏や冬など静かな時期がおススメです。とにかく禅寺は静かで人が居ないのが一番だと思います。
(嶋根)

田中大 最新著書のご案内

平素よりシブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
このたび、弊社社長・田中大の書籍が刊行されましたので、ご案内いたします!
鑑定士田中大・檀ふみの 書画の世界―楽しむためのコツ』
B5判 144頁(オールカラー)
発売日:2013年10月2日
価 格:2,520円(税込)
発 行:淡交社
書画の世界
一見すると難解な日本の書画について、その見方や楽しむためのコツを檀ふみさんと田中大が対話形式で語り尽くしていく、これまでにない魅力満載の入門書となっています!
第一章は〔画を学ぶ〕と題して、来年生誕150年を迎える竹内栖鳳をはじめとした、白隠慧鶴、曾我蕭白、円山応挙、長沢蘆雪、池大雅、与謝蕪村、横山大観、上村松園など、20名の画家を
第二章は〔書を学ぶ〕と題して、伝聖武天皇、本阿弥光悦、松尾芭蕉、良寛、頼山陽、大田垣蓮月、西郷南洲、正岡子規、熊谷守一、井上有一といった、多彩な人々(21名)の書について、
檀ふみさんの問いかけに、田中大が作者の人となりや、作品の見どころ、相場などを、わかりやすく解き明かします。
ご注文はお近くの書店、もしくは淡交社まで。(詳細はこちらから)
どうぞお手にとってご覧くださいませ!

短冊専門オンラインショップ 『e-短冊.com』

今回は弊社の“短冊専門”オンラインショップである 『e-短冊.com』をご紹介させていただきます。
短冊ファンのお客様には日頃のご愛顧を賜りまして厚く御礼申し上げます。
短冊ドットコムTOP
短冊の起源は鎌倉末期まで遡り、藤原定家の曾孫二条為世が始めたものといわれています。
以来、大変馴染み深いものとして私たち日本人に愛され続けており、短冊にしたためられた俳句や短歌の鑑賞はもちろんのこと、作者特有の書体や、時代時代の料紙は、身近な美として人々の目を楽しませてきたことでしょう。
e-短冊.comでは5000点を超える短冊を扱っており、毎月初めに季節を先取りした30点前後の短冊を
追加・紹介しております。
なかでもご注目いただきたいのが、トップページを飾る「特集」及び「今月のおすすめ商品」です。
新着短冊の中から、季節や話題に合わせて選び抜かれた短冊を解説付きでご紹介しており、ご好評をいただいております。
今月は特集「女流歌人~税所敦子と下田歌子~」にて、桂園派の流れをくむ税所敦子や下田歌子といった、明治維新後に活躍した女流歌人の優美な歌を多数ご紹介しております。
また年末には新年吉祥特集なども企画しておりますので、ご高覧いただければ幸いと存じます。
また、e-短冊.comでは、短冊をご観賞いただくための額装・表装も承っております。
表装をご希望の場合は仕様によりお時間をいただきますが、額装はすぐにご用意させていただくことができますので是非ともご用命くださいませ。
短冊額
額装イメージ (短冊額:10,000円)
お探しの短冊がございましたら、是非ともお問い合わせ下さいませ。
短冊ドットコム
e-短冊.comは豊富なラインナップを取り揃えてお待ちしております。
今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
(三村)