屏風祭

京都の町にも蝉の声が轟き始め、夏の盛りを迎えようとする今日この頃。
7月初めから続いていた祇園祭も終わりに近づき、祭囃子の喧騒が既に懐かしく思われます。
ご存知の方も多いでしょうが、祇園祭には、クライマックスである宵山や山鉾巡行だけでなく、
町の人々が、町家の店の間に屏風を立て巡らし、
親戚知人を招いたり、通りを歩く人たちに見せたりする習わしがあります。
これを「屏風祭」と呼び、美術愛好家の中には、
むしろこちらの方がメインイベントである方も少なくないのではないでしょうか。
屏風祭3
奇しくも私は、都合により宵山には会場に行けず、
悲嘆に暮れていたところに見つけたのが「紫織庵」でした。
屏風祭1
紫織庵は江戸後期に建てられた医院を、
大正15年、豪商・井上利助氏がフランク・ロイド・ライト様式に増改築したもの。
その後、川家の住宅として使われ、「川家住宅」として京都市の指定文化財にもなっています。
屏風祭2
武田五一(京都帝国大学教授)が
フランク・ロイド・ライトの建築を参考にして建築した洋間
現在は「京のじゅばん&町家の美術館」として、500円で入場できます。
幸いここでは、一年を通じて祇園祭期間中と同様の『屏風祭』を再現、公開されていました。
京都の町屋という空間に、
今尾景年の孔雀図屏風や近代名家貼交屏風、洛中洛外図屏風、
塩川文麟の掛軸などが飾られている様子は
美術館などの展示とは異なる自然な趣で、なかなか得がたい体験でした。
展示品のほとんどは撮影禁止であったために、
皆さまにお見せすることができないのが残念です。
紫織庵(http://www.shiorian.gr.jp/index.htm
※8/4 祇園祭の記述に関して、誤解を招く表現がありました。お詫びして訂正いたします。
(村山)

棟方志功 祈りと旅

先週末、地元に帰る用事があったので、
学生時代によく足を運んだ愛知県芸術文化センターに行ってきました。
10階にある愛知県美術館では、本来なら7月には
「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」を予定していたそうですが、
東日本大震災の影響により、中止となってしまっていました。
その代わり、東北復興支援特別企画として、既に昨年から全国を巡回していて、
当初は福岡県立美術館が最後の巡回館となるはずだった、
「棟方志功 祈りと旅」展が開催されていました。
東北出身の版画家である棟方志功
ゴッホに触発されて美術の道を志し、故郷の青森を出て上京した作家ですが、
その芸術のルーツはふるさと東北、とりわけ津軽の風土にあったことを、
観る者にしみじみと実感させる展覧会になっていたと思います。
展覧会の目玉はなんと言っても、
全長およそ26mにも及ぶ、作家最大の作品《大世界の柵》。
美術館の公式ブログでは、その巨大な作品が展示される様子を見ることができます。
http://blog.aac.pref.aichi.jp/art/
弁財天妃の柵

(さらに…)

ゆるキャラの王様

なにかと地味な印象を持たれがちな滋賀。
国宝彦根城をはじめ、安土城や賤ヶ岳城などの山城、
石山寺や三井寺などの有名寺社などなど・・・
足を運びさえすれば素敵なところがたくさんあるにもかかわらず
京都・大阪・奈良・兵庫(神戸)のネームバリューには勝てず、
大概が新幹線で素通りされるという哀しい現実があります。
しかしそんな地味県滋賀がこれだけは負けない!と自信を持って誇れる物があります。
それが『ひこにゃん』。
写真1
彦根城築城400年祭のイメージキャラクターとして誕生したひこにゃん。
「井伊の招き猫伝説」と井伊家伝来の赤備えの兜をモチーフにして作られた
そのシンプルかつ愛くるしいフォルムに滋賀県民はおろか日本中がときめき、
一気に全国区の知名度を得ました。その後に続くゆるキャラブームの火付け役になりました。
最近では、きも可愛いキャラで物議をかもしたせんとくん(平城遷都1300年記念事業公式マスコット)や
ツイッターで自由奔放な発言を繰り広げる毒舌キャラまんべくん(北海道長万部町イメージキャラクター)など
個性的なキャラクターが登場し、マスコット界もゆるさから個性の時代に突入した感があります。
が、それでもひこにゃんのゆるさ・可愛らしさは一時のブームで終わらない地力を備えています。
おそらくゆるキャラ総選挙でも行えば確実に1位をとれるハズ・・・。
写真2 イラスト(二次元)でも可愛い
写真3 写真3-2 着ぐるみ(三次元)にしたら尚可愛い
写真4  後姿まで可愛い。
ひこにゃんは週末彦根城に行くと会えます。
一定の時間になると彦根城天守閣前・博物館前に登場するひこにゃんタイムがあるのです。
これから夏休みにかけては平日も登場する予定とのこと。
京都観光のついでにぜひ滋賀にも足を運んでみてください。
(松澤)

夜の山鉾

7月の京都といえば祇園祭。
京都ではちょうど昨日12日から、山鉾建て、鉾の曳き初めが各町で行われています。
長刀鉾立中1 長刀鉾建て中2
これは昨年撮影した長刀鉾建て中の画像ですが、
鉾建て後は隠れてしまって見えない骨組み部分が、ぎっちりと縄で締められている様子がわかります。
12日の夜、仕事帰りに散歩がてら四条烏丸へ立ち寄ってみました。
長刀鉾1 長刀鉾2
長刀鉾。
職人さんがまだ細かい調整を行っていました。
函谷鉾1 函谷鉾2
函谷鉾。
提灯には灯りがともり、にぎやかにお囃子が鳴り響いて、祭りの雰囲気満点です。
祇園祭ムードが一気に高まってきました。
いよいよ今週末は宵山です。
(千田)

オークションの醍醐味

その俳優の存在を知ったのは高校生の頃。
「仁義なき戦い」シリーズ(広島死闘編・代理戦争)でのクールなヤクザの幹部役は
当時16歳の私の心を掴んで虜にしたのである。
その俳優は成田三樹夫。
小林旭でも松方弘樹でもなく、ましてや菅原文太でもなかった。成田三樹夫だった。
それからというもの、昭和40年代後半から50年代前半の東映実録路線シリーズを中心に
成田さんの出演作品を四国の片田舎のレンタルビデオ店を駆けずり回って観まくった。
松田勇作との共演「探偵物語」で私は決定的に成田さんの信奉者となった。
それから20年が経った。
先日ネットオークションで念願の成田三樹夫のフィギュアを落札したのである。
二度の不落札を乗り越えて…。
2011-07-02 21.56.50 2011-07-02 21.57.39 2011-07-02 21.59.59
思文閣大交換会、ただいま開催中です。
(入江)