ザ・フェイク―春峯庵事件の謎に迫る

こんにちは。社長の田中です。
ただいま思文閣では、毎年恒例となりました大文化祭を開催中です。
さて、今回は私が長年あたためてきた
特別企画『ザ・フェイク-「春峯庵事件」の謎に迫る-』展を開催しております。
fake1.jpg
美術品に真贋はつきものですが、
いくら贋作とはいえ、すべてが「出来の悪いニセモノ」というわけではありません。
本展覧会の目玉《月夜遊宴図》は、世紀の大贋作事件「春峯庵事件」の渦中にあった屏風で、
当時の入札図録にも掲載されています。
事件後行方がわからなくなっていましたが、
幾年もの時を経て、ひょんなことから私共の手元にやってきました。
fake2.jpg
これが「春峯庵事件」の屏風です。
驚くべきは、そのすばらしい出来映えです。
「春峯庵事件」で中心となって絵を描いていたのは、若干16才の少年だったといいます。
事件後、少年にはパトロンがつき将来を約束されますが、18才で夭折してしまいます。
世間を騒がせ、専門家の学者生命を失わせるまでにいたった
悪質な歴史的贋作事件であることは否定できませんが、
なぜこれほどまでに多くの人が騙されてしまったのか、
という事件の歴史的背景にも興味をそそられます。
本展では作品とともに事件の詳細についても解説を施し「春峯庵事件」の謎に迫ります。
その他にも同一有名作家の真作と贋作を並べて展示いたしましたので、
作品の真贋を見比べつつ秋の京都にて美術鑑賞をお楽しみいただければ幸いです。
fake3.jpg
ほんものはどちらでしょう?
また、ぎゃらりぃ思文閣では日本美術×現代美術と題しまして古美術と現代美術の展示を、
百万遍の思文閣会館では出版社まつりを開催しております。
美術館で開催中の「奈良絵本・絵巻の宇宙展」は昨日から3日間は無料です。
皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。
ザ・フェイク―春峯庵事件の謎に迫る
10月29日(金)-31日(日) 10:00-18:00
於:思文閣京都本社

祇園白川と吉井勇

今回は思文閣京都本社近くの観光名所をご紹介します。
思文閣より南へ下ると、祇園・白川にかかる巽橋があります。
Gion tatsumi1
テレビ・映画や雑誌に紹介されることが多く、おなじみの光景です。
京都といえばサスペンスドラマもよく放送されますが、撮影中の俳優さんをお見かけすることもあります。
祇園という場所柄、観光に来られた方などで夜まで賑わっていますが、早朝は人もまばらです。
巽橋のすぐ近くには辰巳神社があります。
Gion tatsumi2
狸を祀っためずらしい神社です。
その昔、巽橋に住む狸が舞妓さん達を化かして困らせていたことから、祀られることになったそうです。
さらに西に向かうと、ひっそりと歌碑が建てられています。
Gion tatsumi3
京都を愛した歌人・吉井勇による
「かにかくに 祇園はこひし寝るときも 枕のしたを水のながるゝ」の句が刻まれています。

(さらに…)

茶の湯釜にみる朽ちの美

京都散策にはいい季節になってきました。
今回は、ガイドブックにはあまり取り上げられないスポットをご紹介したいと思います。
三条通を烏丸から西へ歩いていくと、
オフィス街の雰囲気とは違った町並みがあらわれます。
しばらく進むと南側に、大西清右衛門美術館が見えてきます。
現在、こちらでは「茶の湯釜にみる朽ちの美」展を開催中です。
onishi.jpg
大西家は室町時代後期より400年続く釜師で、
千家十職のひとつに数えられ、昔ながらの製法で釜を作っています。
代々清右衛門を名乗り、当代で16代目。
工房に併設された美術館は、大西家伝来の貴重な茶釜が展示されていました。

(さらに…)

思文閣「和の美」逸品展 札幌 開催

来る11月、思文閣は、札幌にて美術品の展示即売会を開催する運びとなりました。
近代絵画・工芸品の優品などを多数展観、開催期間中に限り特別価格にてご提供いたします。
弊社社長田中大はじめ社員一同、会場にてお待ちいたしております。
思文閣「和の美」逸品展 札幌
平成22年11月12日(金)―14日(日) 10:00―18:00(最終日は17:00まで)
札幌グランドホテル 東館B1F クリスタルホール
入場無料
<トークショーも開催いたします>
安河内眞美(美術商やすこうち 店主)×田中大(思文閣 代表取締役)
「開運!なんでも鑑定団」出演中の両名による古美術談義をお送りいたします。
・11月13日(土) 14時~
・札幌グランドホテル 2階特設会場
・定員100名(予約制・先着順)

観覧ご希望のかたは、思文閣(075-531-0001)までお申込みください。

木田安彦の世界『三十三間堂』展

只今大丸ミュージアムKYOTOで開催中の「木田安彦の世界『三十三間堂』展」に行ってきました。
daimarukida.jpg
木田氏の代表作となった「三十三間堂」は1978年に発表して以来、
木版画にとどまることなく、水墨・板絵・ガラス絵などさまざまな素材によって、
一つの型に収まらない表現で発表され続けてきました。
今回は、第一作目の木版画から最新作の板絵屏風にいたるまでの約70点の「三十三間堂」が観覧できます。

(さらに…)