「版画家 木田安彦」展示ご紹介①

思文閣本社ぎゃらりぃ思文閣では現在、
第1章「版画家 木田安彦」―四十余年の軌跡―
を開催しています。
日本を代表する版画家・木田安彦の、40年余に及ぶ代表作を展示しています。
5月16日までの開催ですので、ぜひお早めにお越しください。
今回と次回、2回にわたりまして展示風景をご紹介します。
まずは、ぎゃらりぃ思文閣から。
ぎゃらりぃに入ると、大きな舞妓さんがみなさまをお出迎え。
IMG_3086.jpg

(さらに…)

「木田安彦の世界」開催中です。

思文閣では、4月24日より、思文閣美術館思文閣本社ぎゃらりぃ思文閣の3会場で、「木田安彦の世界」を開催中です。
日本を代表する版画家のひとり、木田安彦の大胆にして緻密な世界を、全社を挙げてご紹介しています。
思文閣美術館では、開館35周年を記念し「富士百観とふるさとの名山」展を開催、
思文閣本社・ぎゃらりぃ思文閣では「第一章 版画家 木田安彦 ―四十余年の軌跡」と題し、
40年以上に及ぶ木田安彦の足跡を一堂に展観しています。
初日の4月24日には、美術館で開会式、思文閣本社とぎゃらりぃ思文閣でレセプションパーティが行われました。
その様子をご紹介します。
まず14時からは、開会式と内覧会が行われました。
DSC00628.jpg

(さらに…)

和の美最新号 特集・藤井達吉

『和の美』最新号のご案内です。
通信販売カタログ『和の美』5月号が完成いたしました。
今月はシリーズ「伝えしもの」として、藤井達吉を特集いたしております。
藤井達吉1
藤井達吉は、和紙・染織・器などの工芸制作をはじめ、画・書にも秀でた異色作家として知られています。
さまざまな方面での多才ぶりは、
古くは寛永の三筆として名をはせた本阿弥光悦
また近代でいうと陶芸家・北大路魯山人を髣髴とさせます。
藤井達吉2
ところが、藤井達吉の評価は残念ながら高いとは言いがたい現状にあります。
もっと評価される作家として、後世にも広くお伝えすることを願い、企画した特集です。
今回はそんな藤井達吉の作品、30点を掲載しております。
5月初旬には皆様のお手元にお届けいたします。
カタログお申込はこちらから。
(塚本)

思文閣オンラインストア OPEN!

思文閣は、このたび楽天市場に
「思文閣オンラインストア」をオープンしました。
これまでの「オンラインギャラリー」に代わり、
より便利に
よりお求めやすい価格で
商品を皆さまにご紹介していきます。
今まで思文閣をご存じなかった方も
遠方にお住まいでご来店いただけない方も
思文閣ってどんなものを扱っているんだろう?
と、興味を持っていただけたらと思います。
古美術って敷居が高そう……
どういうふうに楽しめばいいんだろう?

という方にもおすすめです。
気になる作品があれば、お気軽にお問い合わせください。

アートフェア東京2010

思文閣は、本年度も「アートフェア東京」に参加いたします!
(4月2~4日@東京国際フォーラム/第一会場:ブースC10)
siteid.gif
今回は、ガラス作家・三嶋りつ恵とコラボレーションし、
日本の古美術とコンテンポラリーアートの融合という
新しいアートの愉しみ方を提案いたします。
正面100118B
【上】曽我蕭白≪蘆鴈図≫
【下】三嶋りつ恵≪光湖≫

(さらに…)