伊藤若冲 生誕300年

今年度入社いたしました、小橋と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

先日2月8日、京都市内にあります宝蔵寺に参りました。
宝蔵寺は裏寺町通りに位置し、西山深草派本山誓願寺に属する浄土宗のお寺です。

宝蔵寺

このお寺は、伊藤若冲及び伊藤家の菩提寺にあたります。
普段は一般拝観できませんが、毎年若冲の生誕日付近に寺宝を特別公開されています。
若冲の生誕日は2月8日(旧暦)。ちょうど拝観した日にあたりました。 (さらに…)

先斗町の千鳥

お盆が過ぎ、猛暑だった京都も幾分暑さがゆるやかになりました。
弊社では、お陰様で武者小路実篤展も好評の内に終了し、
通常業務とともに次の企画の準備を進めております。
新入社員の同期が短冊.comやカタログ制作に携わったりしている姿から刺激を受けつつ、
私は新しい企画の立ち上げを手伝わせていただいています。
その中身については、まだ書くことができないのですが・・・
皆さんのお役に立てますように!と願いつつ、日々準備を進めさせていただいています。
そんな企画の進行にくるくると追われる中、
息抜きをかねて、先斗町に出向きました。
写真-12-08-05-18-58-49
お店の敷居に臆してしまったりもするものの、
先斗町の細道はまさに京都らしさ満点で、通るだけでうっとりしてしまいます。
きちんと清潔にされているからか、人通りがにぎやかで楽しげなのに、
夕日が落ちる時、雨が降っている時、どんな時も風情が感じられて、
いつ足を運んでも楽しめる場所です。
先斗町で気になるのが千鳥の提灯。
写真-12-08-29-9-57-17
「よたよた千鳥」という愛称もあるこの紋章は、
「先斗町のれん会」という、先斗町を守るお店同士の組合のトレードマークになっています。
祇園をどりの時期に一斉にかけられる赤い提灯が有名ですが、白地のものも見かけられます。
これは、お茶屋さん以外の加盟店にかけられているんだとか。
写真-12-08-29-9-57-18
河原や海岸に住むという千鳥は、一昔前には鴨川の代表的な鳥だったそうです。
最近は数が少なくなったものの、まだ見かけることができるそう。
思文閣にいらっしゃったことのある方はご存知かと思いますが、
弊社は鴨川はもちろん、先斗町にも近い場所に位置しています。
歩いても行ける距離となっていますので、
弊社におこしになった際は、風情あふれる京都の小道もお楽しみになってはいかがでしょうか。
(井上)

京の節分会

まだまだ寒い日が続きますが、先日二月四日は立春。暦の上ではもう春が来ております。
立春の前日、三日は節分ということで、京都のあちこちでも節分祭が執り行われていました。
24 2 3 節分 019
今年私が見物に伺ったのは、京都市上京区に位置する廬山寺。
こちらでは「追儺式鬼法楽」、通称「鬼おどり」といわれる行事が毎年行われています。
24 2 3 節分 017
これは、廬山寺開祖元三大師良源が村上天皇の御代に
300日の護摩供を修せられた時に出現した悪鬼を、
護摩の法力と大師が持っている独鈷、三鈷の法器でもって
降伏させられたという故事によるもの。
この三鬼は人間の善根を毒する三種の煩悩、
即ち貪欲・瞋恚(怒り)・愚痴の三毒を表現しているもので、
この三毒を新しい年の変わり目といわれる節分の日に追い払い、
また、福寿増長を祈念し、一切の悪疫災難を祓うことによって
開運をはかり新しい節を迎えるという法会行事です。
24 2 3 節分 037
三毒を表す赤・青・黒の三鬼が出現すると、小さなお子様の泣き叫ぶ声が聞こえます。
確かになかなか強面の鬼さん。
この鬼たちが踊りながら、大師堂内の修法の邪魔をするのですが、
護摩供の秘法、追儺師の邪気祓いの法弓、そして蓬莱師・福娘によって捲かれる
蓬莱豆及び福餅の威力に追われて逃げ去っていきます。
24 2 3 節分 052
お堂の周りは観衆で埋め尽くされており、見物するのも一苦労でしたが、
大変迫力があって面白かったです。
紫式部の邸宅跡としても知られる廬山寺、夏には庭園の桔梗も美しいところなので、
節分の日を外して心静かに御参りされるのもよいかと思います。
(真壁)

冬の使者

今年も鴨川にユリカモメの群がやってきました。
yurikamome.jpg
ユリカモメはユーラシア大陸北部やイギリス、アイスランドなどで繁殖し、
冬は南下しヨーロッパ、アフリカ、インド、東南アジアへ渡り越冬する鳥で、
日本では冬場、全国の海岸や河川、沼地などによく見られるそうです。
しかし、高校を卒業するまで長野の山奥で暮らしていた私は、
ユリカモメを目にする機会がほとんどなく、京都暮らし1年目の冬のある日、
鴨川に突如現れた、見慣れぬ白い鳥の大群にとても驚いたものでした。
ですので、毎年、彼らを目にするようになると冬の到来を感じるのです。
弊社最寄り駅の三条駅(京阪電鉄)・三条京阪駅(地下鉄東西線)近辺は特に賑やかな気がします。

(さらに…)

京都の年末

この季節、思文閣から徒歩約5分のところにある南座では、歌舞伎の顔見世興行がかかります。
untitled.jpg
人気役者さん達の名前が書かれた「まねき」と呼ばれる看板がずらっと掲げられた
この公演独特の華やかな雰囲気に、
わくわくすると同時に、ああ、もう今年も終わりなんだな、
というしみじみとした感慨も込み上げてきます。
いろいろなことがあり過ぎた今年も、もうあと一週間。
来年は良い年になりますように・・・。
(藤田)