明治の陶聖 板谷波山

この春に入社しました、成木と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
先日、「HAZAN」という映画を観ました。

HAZAN [DVD] HAZAN [DVD]
五十嵐匠

2004-10-23

Amazonで詳しく見る

この映画は、日本の近代陶芸を開拓し、陶芸家として初めて文化勲章を受章した
板谷波山を主人公とした伝記的映画です。
映画では、彼が石川県工業学校の教職を辞して陶芸家として生きる道を選ぶところから、
有名になりはじめるまでの、たいへん貧しく厳しい生活の様子を描いています。
教師としての安定した生活を捨てて「やきもの屋になる」と決意したとき、
彼には妻と幼い3人の子供がいました。
金沢から東京の田端に窯と住居をつくって引越したときには手元に七十五銭しか
残っておらず、その生活は困窮を極めます。
ようやく初めて窯に火をいれたときは温度を上げるために必要な薪の量を見誤り、
近所を走り回って薪を貰ってもまだ足りず、妻のまるは雨戸を叩き壊して燃料に
してしまいます。
二度目の窯では地震におそわれて作品がほぼ全滅し、このときの売り上げで
支払いをする予定だった借金が重なっていたために、まるは
「傷を隠すように上絵をすれば充分に値打ちがあります」と必死に頼みますが、
波山は中途半端なものは売れないと言い、全てを叩き割ってしまいます。
本当に、壮絶な明治人の生き様を目の当たりにできる美しい映画であると思います。
全編を通して台詞や音楽は少なく、登場人物も沈黙のシーンが多いのですが、
そこから生まれるいいようのない「間」が、それぞれの人の持っている意志の強さを
感じさせます。
特に二度目の窯の失敗のとき、妻には「子供を飢え死にさせるおつもりですか」と
言われるのですが、それでも一切妥協を許さずに無言で作品を打ち砕く波山の姿は、
ある種の「狂気」に近いものさえ感じさせます。
また、それほどの信念をもって作陶にうち込んだ波山を支えた周囲の人物もまた魅力的です。
特に妻のまるは、夫の志を応援したいと思いつつ、幼い子供たちをどうにか食べさせてゆきたい
という葛藤から激しく悩みますが、それでも見事に力強く一家の生活を支える様子が描かれて
います。
また、土の塊から波山の理想の器形を生み出す轆轤師の現田市松、
波山の生活を心配してしばしば田端の家を訪れては「子供たちへの牛肉代」として
無理やりお金を渡していく新納忠之介など、明治から大正時代にかけての人々のもつ
温かい人間関係も見ることができます。
今でこそ偉大な芸術家として名高い板谷波山ですが、その人生にはかくも厳しい時代が
あったのかと思い知らされる作品でした。
単に映画として観ても、大変美しい、日本人の感性を揺さぶる名作であると思います。
まさに「かつて美しき日本人がいた。」というコピーそのままの映画です。
興味のある方は、ぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。
(成木)

八重の歌

今年も残すところあと2カ月程となり、大河ドラマ「八重の桜」も
いよいよ終盤にさしかかってまいりました。
ドラマの中で活躍する八重さんを中心とする登場人物たちの姿を通じて、
幕末から明治という時代の変わり目を懸命に生きた人々の生き様がや心情が伝わって
来るので、毎週楽しみに観ています。
そんな大河ドラマのご縁か、弊社古書部ではこのような作品を入手しました。
新島八重和歌幅_縮小2
「明日の夜は 何国の誰か ながむらん なれし御城に 残す月かげ」
會津戦争降伏前夜、八重さんが鶴ヶ城内の白壁に書き残したと伝えられる有名な和歌です。
ドラマでも、綾瀬はるかさんがこの和歌を詠んでいるシーンが出ていましたね。
このお軸は明治以降、八重自身が改めて書に認めた貴重なものです。
やはり大河ドラマなど、メディアに取り上げられると、その人物に関するものが出てくることも
あり、そんな出会いもこの業界で働く面白さであると感じています。
もし、ご興味のある方は弊社古書部までお気軽にお問い合わせ下さい。
心よりお待ち致しております。
(藤田)

短冊専門オンラインショップ 『e-短冊.com』

今回は弊社の“短冊専門”オンラインショップである 『e-短冊.com』をご紹介させていただきます。
短冊ファンのお客様には日頃のご愛顧を賜りまして厚く御礼申し上げます。
短冊ドットコムTOP
短冊の起源は鎌倉末期まで遡り、藤原定家の曾孫二条為世が始めたものといわれています。
以来、大変馴染み深いものとして私たち日本人に愛され続けており、短冊にしたためられた俳句や短歌の鑑賞はもちろんのこと、作者特有の書体や、時代時代の料紙は、身近な美として人々の目を楽しませてきたことでしょう。
e-短冊.comでは5000点を超える短冊を扱っており、毎月初めに季節を先取りした30点前後の短冊を
追加・紹介しております。
なかでもご注目いただきたいのが、トップページを飾る「特集」及び「今月のおすすめ商品」です。
新着短冊の中から、季節や話題に合わせて選び抜かれた短冊を解説付きでご紹介しており、ご好評をいただいております。
今月は特集「女流歌人~税所敦子と下田歌子~」にて、桂園派の流れをくむ税所敦子や下田歌子といった、明治維新後に活躍した女流歌人の優美な歌を多数ご紹介しております。
また年末には新年吉祥特集なども企画しておりますので、ご高覧いただければ幸いと存じます。
また、e-短冊.comでは、短冊をご観賞いただくための額装・表装も承っております。
表装をご希望の場合は仕様によりお時間をいただきますが、額装はすぐにご用意させていただくことができますので是非ともご用命くださいませ。
短冊額
額装イメージ (短冊額:10,000円)
お探しの短冊がございましたら、是非ともお問い合わせ下さいませ。
短冊ドットコム
e-短冊.comは豊富なラインナップを取り揃えてお待ちしております。
今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
(三村)

歌の“涼”

炎暑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。
京都は16日、17日と祇園祭の宵山、山鉾巡行で賑わい、
先日の梅雨明け宣言を機に、いよいよ夏本番といった雰囲気です。
私個人といたしましては、京都で過ごす初めての夏を無事に乗り切れるのか
今から不安を感じております。
入社して3ヵ月半、日々勉強という毎日の中で、
作品を鑑賞する喜びを感じる瞬間が増えてきたように思います。
さて、本日は、私が業務の中で感じた“涼”をご紹介したいと思います。
004098.jpg
 藤井 行徳
   夏月凉 さしのほる月のひかりのすゝしさに まちしかせさへわすられにけり
(短冊.com No.4098 http://e-tanzaku.com/catalog/detail.php?aid=4098
月の光で涼をとる、という感覚と、言葉の表現にはっとさせられました。
月の光と夜の空を思わせる砂子をあしらった表装も涼やかで、夏らしい逸品です。
もうひと作品。
 武者小路 実篤
   螢かと思ったら星だった雲のさけめ 
自由律のリズムのためか、思わず微笑みたくなるような温かみを感じます。
現代でいうならば、「螢」は飛行機か町のネオンか、といったところでしょうか。
上記作品をはじめ、短冊は弊社が運営しておりますe-短冊.comでご注文いただけます。
bnr_tanzaku.jpg

毎月初めには新たな短冊の更新を行っておりますので、是非ご覧下さいませ。
短冊には様々な魅力がありますが、
歌を書いた作者と同じ目線で作品を鑑賞出来るというのも魅力の1つであるように思います。
お目に留まる作品がございましたら、是非お申し付けください。
日に日に暑さが厳しくなりますが、“涼”をとりつつ、ご自愛くださいませ。
(水科)

虫干し

そろそろ梅雨も明けそうな気配がしてきていますが、
我々が扱う古美術品にとってこの時期特に気を付けたいのが「湿気」と「虫」です。
私が所属する古書部は主に古典籍を扱っていますが、
一番の大敵とも言っていいものが本を食い散らかす「虫」です。
その虫は「紙魚」(シミ・この虫は表面をなめるように食べることはありますが穴は開けません)
という虫と勘違いしがちですが、
「死番虫」(シバンムシ・「死の番人」から来た名前らしいです…)
という恐ろしい名前の虫です。
トンネル状に縦横無尽食い荒らし、卵を産んで飛び立つというスパイラルで、
放っておくと本がガッチガチに固まって開かなくなることも往々にしてあるほどです。
しかもこの死番虫、現在の紙や洋紙よりも和紙のほうが美味であるのか、
それとも柔らかくて食べやすいのか、好んで食べているように感じます。
せっかくの珍しい和本でも死番虫に食い散らかされては価値が下がって、
ひどいと商品にすらならないこともままあります。
shibanmushi.jpg
弊社では和本を仕入れるとまず業者さんに依頼し「燻蒸」に出します。
この虫は成虫になれば市販の「燻煙剤」でも死ぬらしいのですが、
卵は頑丈な殻でおおわれており市販のものでは死なないとのことで、
ちゃんと免許を所持した方がおられる業者さんに強力な薬剤で殺虫・殺菌してもらうのです。
一般的にはいわゆる「虫干し」(曝書・曝涼とも)と呼ばれる方法が良く言われます。
以前は夏の土用の日前後に行うと良いとされてきましたが、
近年では季節は秋頃、乾燥していく時期で二日以上晴天が続いた次の日に行うのが良いそうです。
そして直射日光に当てず、通気をよくし湿気を取り払い虫やカビがつかないようにするそうです。
量が多いと虫干しも一苦労ですが、
虫が付くともっと大変なことになるので和本をお持ちの方は是非行っていただければと思います。
ちなみに虫食いがあるからといって全く売れなくなるわけではありません。
もし虫食いが多くて捨てようかと思っている方がいらっしゃいましたら、
是非弊社までご一報をお願い致します。
(お力になれない場合もありますがその際はご寛恕下さい。)
(阿部)